五竜岳G2中央稜(2016年03月19日〜21日)

3月に「ヴァーティカルなやぶ」の存在があるのかを確認する為に五竜G2ルートへ

メンバー:4人(登攀2人)

今年は暖かいので雪がなくなる前に冬山へということで3連休を利用し五竜へ行ってきました。

 【 3月19日(土) 】

DSC00233

DSC00238

白馬五竜スキー場のテレキャビン&リフト1本でスキー場最上部へ高速移動

 

DSC00242

ここから歩き始めます

天気が良く気温も高いので暑いです

 

DSC00246

まずは小遠見を目指して登ります

しつこいようですがとても暑いです

 

DSC00268

小遠見を過ぎると気持ちの良い尾根を歩きます

 

DSC00276

途中で雨が降り出したと思ったら綺麗な虹を発見

西遠見手前で幕営

 

DSC00286

夕食の寄せ鍋をつまみながら日本酒で乾杯!

就寝後、風が強く顔に霜が降りかかり度々起こされてしまう・・・

 

【 3月20日(日) 】

DSC00294

ちょっと寝坊しましたが会長・事務局長にお留守番をお願いして6時過ぎに2名でG2登攀へ

今日は快晴で気持ちがいい!

 

DSC00297

G2ルート

ルートの全容

G2アプローチ

雪崩を警戒し極力沢のトラバースを避けるため、西遠見手前の尾根から白岳沢へ下降し末端付近からアプローチ

 

DSC00302

白岳沢には雪崩の跡があるものの雪は安定していたので急いで横断

 

DSC00310DSC00311

トレースが無いうえに登るにつれ日に当たった雪が腐っていてペースが上がりません

 

DSC00315

テントを出発して3時間ほどで取り付きに到着

取り付きに着いたときには2パーティーが先行していたので少し待つことに

通常はルンゼ入口からスタートするが我々は雪が安定していたのでルンゼを少し登ったところから1ピッチ目としスタートした。

 

DSC00317

スタート地点での新人T

緊張してますか?

 

DSC00326

1ピッチ目終了点から

 

2ピッチ目は先行パーティーに断り同時登攀させて頂きました

このピッチが核心で、日の当たった腐った雪でバイルもアイゼンもまったく利きません

 

DSC00327

しかも、先行パーティーのロープが交錯しない様にルートを少し外して登った為に結構ビミョーな登攀となり最も頼りになるのは這松のみ

 

DSC00330

DSC00333

2ピッチ目終了点

 

DSC00335

こんな感じで掴んで登ります

 

DSC00340

DSC00345

3ピッチ目で中央稜に出ました

立ち木は他のパーティーが使っていたのでスタンディングアックスで確保

ここまでの登攀は2時間ほど

ロープを仕舞い小休止

 

DSC00347

ここから先は我々が先行となり腐った雪で苦労しながらひたすら登る

 

DSC00350 DSC00354

DSC00372

 

こんな感じのところ

 

DSC00382

チョッとしたスノーリッジ

 

DSC00376

この上が登山道

 

DSC00388

中央稜を登ること約3時間で登山道へ合流

途中ホワイトアウト&トレースが無い状態があったが無事テントへ

 

DSC00399

途中で雪だるまの親子を発見!

 

DSC00403

今日の夕食はキムチ鍋

そして日本酒を飲んで就寝

 

【 3月21日(月) 】  

DSC00407

朝焼けが綺麗

 

DSC00411

5:30に起床し7:30に下山開始

 

DSC00413

会長と事務局長

 

DSC00414

鹿島槍

 

DSC_0374 DSC_0376

下山後、十郎の湯で温泉&打ち上げ

 

この三連休はとても充実した山行となりました。

3月でこんなに雪が少なく暖かい状態だったら今後のGWはどうなることやら・・・

何はともあれお疲れ様でした。

カテゴリー: 北アルプス | タグ: , , | コメントする

ベースキャンプ(2016年03月12日)

 

お天気やらなにやらの都合で、谷川雪洞合宿、赤岳主稜が中止となった為、

ベースキャンプで練習になりました。

2016年03月12日(土曜):晴れ時々曇り

メンバー:会長、事務局長、Mさん、新人N君

リードを何本かやってからボルダのスラブ壁で立ち込みの練習、再びリードに戻って、最後はボルダリングで〆です。

 

IMG_0927_sIMG_0925_s

 

 

IMG_0924_sIMG_0922_s

 

 

IMG_0920_sIMG_0912_s

 

IMG_0906_s

 

カテゴリー: ベースキャンプ, 未分類 | タグ: , | コメントする

釜ノ沢東俣乙女の沢アイスクライミング(16年02月06日~16年02月07日)

 

「しっかり準備して良い結果が出せるよう次に臨みたい」

 スポーツ選手が試合後のインタビューでよく口にする言葉ですが、2月6・7日に1泊2日で西沢渓谷釜ノ沢東俣の冬季遡行に出かけたK&Tにとっても、この言葉がふさわしい山行になりました(ホンマか)。

○2月7日(土) 晴れ

 東京を6時30分出発予定で集合したものの、Kの忘れ物を取りに戻ったので西沢渓谷駐車場に到着したのは9時20分頃。身支度を整えて歩き始めると、今度はTが忘れ物に思い出して再び車で買い物へ。結局、駐車場から歩き出したのは10時過ぎだった。西沢山荘、西沢渓谷遊歩道と通過し、二俣吊り橋(ステンレス製で滑りやすい)を渡ると「西沢渓谷の看板」とベンチが2つある東沢分岐に着く。ここで遊歩道を離れて東沢の河原に向かう(ここまで30分ほど)

4東沢へ

 

 河原を進むと最初の渡渉ポイントが現れ、渡渉後は左岸沿いを遡上する。赤布に加え、トレースがしっかりあるので迷うことはない。途中から高巻く道を進むが、これがシンドイ。足場が細く悪いだけなら、さほど難渋しないが、グダグダの道を登ったり下ったりしながら−−−−−倒木をくぐったり

7倒木潜る

攀じ登ったり 

8よじ登る

出っ張った岩肌に注意して中腰で通過したり、擦り切れそうなトラロープのぶら下がった所をクライムダウンしたり……。これを何度も繰り返すので息はあがり気味。

 

 そんな道程を進んで「ホラノ貝ゴルジュ」を過ぎ、しばらくすると「山の神」に到着(東俣入口から1時間ほど)。

9山ノ神

 

 山の神から少し行くと再び川沿いの遡行に戻る。渡渉を何度かしながら1時間ほど歩くと右岸に「乙女の滝」が現れる。この日は別パーティーが1組。暖冬の影響が懸念されたが、滝はがっちり凍っている。ただ、今回の目的は東俣遡行。翌日に甲武信ヶ岳まで行くことを考えると、なるべく進んでおきたい。この時点で13時。遊びたい気持ちを抑えて横目に見ながら先を急いだ。

10乙女の滝

 

 1日目は、釜ノ沢に入って「魚留の滝」か「両門ノ滝」の先まで進んでテン泊(あわよくばヤゲン滝・大滝を超えた広河原)を考えていた。けれど、その目論見は乙女の滝を後にしてすぐ不安におおわれる。乙女の滝から先はトレースがないのだ。雪が積もったゴーロを動物の足跡を参考にルートファインディングして進み、渡渉ポイントを探しては戻る。薄かったり、滑りやすかったりする氷に静荷重で慎重に乗り込み、重心が移動した瞬間に対岸へ素早く逆足を出す。アイゼンを着けていれば安心感は少し違ったのかもしれない。なにはともあれ、改めてトレースのありがたさを実感した。

11大また開き

 

 渡渉を何度か繰り返しながら「東のナメ沢」、「西のナメ沢」を過ぎ、釜ノ沢手前(写真)に着く。時計を見ると14時50分。沢登りなら1時間強の行程に、2倍の時間を要していた。陽は長くなっているとはいえ、この先もトレースがない行程が続き、ペースアップは見込めな。時間切れと判断して計画を乙女の沢でのアイスクライミングに変更。東のナメ沢付近でのテン泊を決めて来た道を戻った。

12釜ノ沢出会い手前

 

 目的地に到着し、テントを張り、水を汲み、枯れ木を拾い、17時頃に焚き火スタート。風はなく、雪山で焚き火だなんて……悪天候だった同日程の谷川岳チームには申し訳ないほど快適すぎた(笑)。枝に刺して焼いたウインナーと笹かま(表面はパリパリ、中はジューシー)をつまみに酒を飲み、計画の甘さも反省。次回は前夜発にし、駐車場を3、4時間早めに出ようと決めた。炎を眺めながら食べた夕飯のキムチ鍋で体はさらに温まり、焚き火が燃え尽きたところで宴会はお開き。

DSC00125

17笹かま

15暖をとる

 

○2月8日(日) 晴れ

 翌日は強い風の音で目覚めたが、太陽が昇ると風はやみ、雲ひとつない空が広がっていた。朝飯を済ませ、テントをたたんで、乙女の沢に向けて8時前に出発。

19朝日

 

 左岸の樹林帯で準備を整えて、荷物をデポし、50mの乙女の滝に取り付く。下部も雪に埋まっていない面をKのリードで登攀開始。2/3を過ぎたあたりで「ふくらはぎが痛い!」の声が響く。垂直の氷壁なら段差などで、ふくらはぎを休ませたりできるが、乙女の沢は緩い傾斜があるために常に爪先立ちの状態が続く。登り切るまでフル稼働だ。50mロープいっぱいを使って右岸の立木で支点を作る。フォローのTも瞬く間にふくらはぎが痛みだしてペースは上がらない。どうにか登り切ると、しばらく苦痛に顔を歪めていた。

26登攀中

 

 続く3mほどの小滝はロープを出さずにサクッと登り、次に控える4段60mは中間点でビレー。この日は対岸の日当たりが、恨めしく見えないほど暖かい。

29中間ビレー点60m

30対岸

 

本日のメインディッシュは80mの大滝。ふくらはぎはパンパンなのでやめてもよかったが、“もったいないオバケ”が出そうなので完食することに。見上げると傾斜はゆるいが、登り始めると感じられなくなる。ふくらはぎの痛みで休みを挟むよりも、我慢しながらさっさと登った方が結果的に楽なので、休まずにひたすらアックスを振り、アイゼンを蹴りこむ。右壁より40m付近でピッチを切った。

31大滝80m

32中間ビレー点から

 

 大滝を登り切って30分ほど休憩を取り、13時30分に懸垂下降を開始。大滝は左岸の立木を使った。今回、50mロープ1本しかないのでの最大25mの懸垂を繰り返さなければならず適当な懸垂点を探しながらで時間が掛かる。2ピッチ目の懸垂点(写真)は、抜けないことを確認したとはいえ、幹が細いので慎重に降りる。乙女の滝は右岸の立木に残置スリングとカラビナの支点がある。懸垂下降を終えて、登攀装備とアイゼンを外して下山開始。日が沈む前に最後の渡渉ができるようにグダグダの高巻き道を歩く。まだ明るい17時過ぎに最後の渡渉を終え、18時に駐車場に戻り、帰京の途に。

 当初の「全装で甲武信ヶ岳まで」はならなかったものの、途中でピッチを切るような長い滝でのアイスクライミングの機会は多くないので、存分に雪山を堪能できて結果オーライ。ただ、それはそれ。今回の山行が、いい準備をするために必要な情報と経験を得たと言えるよう次に生かしたい(タブンね)。

37懸垂二回目の懸垂点

カテゴリー: 奥秩父 | タグ: , | コメントする

谷川岳・西黒尾根(16年02月06日~16年02月07日)

2月の代1週は、2パーティに別れての山行。こちらは、谷川岳西黒尾根です。

2016年02月06日(土曜):晴れ→曇り→吹雪

メンバー:Hさん、Eさん、T

毎年訪れているHさん、Eさん曰く、今年は全く雪が無いとの事。

読図のお勉強をしつつ、鎖場手前のテン張りポイントまで。

Picture020616_123047_s

テントの整地から風防作りなどなど、大変勉強になりました。トイレも一晩では勿体無いくらい立派なものに。

Picture020616_145812_s

ワインに日本酒、ウイスキー。つまみは蛸と銀だらときのこのお鍋で。

一泊だし3人なので、お酒少なめにしたところ、ぜんぜん足りず。

Picture020616_164310_s

たくさん飲んで、たくさんお話をして、ぐっすり就寝。

2016年02月07日(日曜):ずっと吹雪

風でテントが揺れてめを覚ますもシュラフから出る気になれず。。。

とも言っていられないので、出発。

DSCN0241_s

頑張って歩いたものの、一向に風が止む気配なく引き返す。

DSCN0237_s

天候悪くても敗退でも、みんな元気に楽しく下山。

温泉でゆっくりして、ダム決壊させて帰ってきました!

左:手前がアーチ型ダムカレー 奥が最初から決壊しているカツカレー。

右:重力式ダムカレー。

IMG_3558_sPicture020716_122759

天候はあんなに荒れていたのに、何だかすごく穏やかで、温かい山行でした。

カテゴリー: 谷川岳 | タグ: , | 谷川岳・西黒尾根(16年02月06日~16年02月07日) はコメントを受け付けていません。

峰の松目沢・赤岳(16年01月09日~16年01月11日)

慰霊山行で、八ヶ岳に行ってきました。

2016年01月09日(土):晴れ

メンバー:TNさん、TGさん、Kさん、Mさん、Sさん、TDさん、新人T

初日は、先発隊(4名)と後発隊(3名)に別れて赤岳鉱泉に向かい、付近にテントを設営。

IMG_0857_

岳樺グルメのほんの一部です。

DSC06433_  IMG_0896_ IMG_0899_DSC06363_

2016年01月10日(日):晴れ【赤岳鉱泉付近 –峰の松目沢 】

峰の松目沢でクライミング。鉱泉までのルートの、三本目の端からみて2番目の沢。

DSC06393_ DSC06403_ IMG_0097_ IMG_0168_ IMG_0175_ IMG_0872_ IMG_0885_

2016年01月11日(月):曇り【 赤岳鉱泉 – 行者小屋 – 文三郎尾根 – 赤岳 – 地蔵尾根  】

DSC06465_

 

 

DSC06468_ DSC06469_

 

会長、事務局長は次の週、慰霊山行に行きました。

 

 

カテゴリー: 八ヶ岳 | タグ: , , | 峰の松目沢・赤岳(16年01月09日~16年01月11日) はコメントを受け付けていません。

お正月合宿 槍ヶ岳(15年12月29日~16年01月02日)

お正月合宿は槍ヶ岳に行ってきました。

メンバー:会長、事務局長、MHさん、Mさん(登攀リーダー)、TDさん、新人T

2015年12月29日(火):晴れ 【 東京 – 松本 】

夜行列車で一路松本へ。

yari01

2015年12月30日(水):晴れ 【 松本 – 新穂高温泉 – 新穂高小屋 – 滝谷避難小屋付近 】

初日はゆっくりペースで滝田に避難小屋付近まで進み、テントを設営。

yari02_ yari03_

毎年恒例!会長がステーキを持ってきてくれました!(これを6枚も!)

yari04_ yari05_

ほどほどに飲んで、明日に備えて就寝。

2015年12月31日(木):晴れ 【 滝谷避難小屋付近 – 槍平 – 中崎尾根 】

槍平からがっつり登り、中崎尾根にテント設営

yari06_

2016年01月01日(金):快晴! 【 中崎尾根 – 中崎尾根 – 槍山頂アタック – 中崎尾根 】

本番。テントから槍の穂先に向けてアタック隊出発。

登攀リーダーMさん、新人T、TDさん

yari07_

途中吹雪くも、ジャンクションピーク手前でお日様。

yari08_ yari09_ yari10_

そして、この景色!

yari11_ yari12_

青と白と岩の世界。美しさに息をのむ。無事登頂。

yari13_ yari15_

慎重に下山開始。

yari17_

yari18_

テントが見えたときの安心感。

yari19_

そして、夜はこれまた恒例のおせち!

yari20_ yari21_

そして、最後に素敵なお土産。アーベンロート。

yari22_

何から何まで素敵尽くしのお正月合宿でした。

カテゴリー: 北アルプス, 槍ヶ岳 | タグ: , , | お正月合宿 槍ヶ岳(15年12月29日~16年01月02日) はコメントを受け付けていません。

阿弥陀北稜・裏同心ルンゼ(15年12月05日~06日)

雪山第一弾。裏同心ルンゼで練習、次の日阿弥陀の北稜に登りました!
メンバー:会長、事務局長、Kさん、Mさん、新人T。

2015年12月05日(土):晴れ

Kさん、Mさんについて、沢を登っていくと、ちらほらと凍った滝が現れました。

hokuryo1

激混みの為、人のいない場所を探して練習。ここで、前回のアイゼントレが活きてきます。

hokuryo2 hokuryo3

hokuryo4

2015年12月06日(日):快晴

お天気にも恵まれ、美しい景色を堪能しつつ阿弥陀北稜へ。

hokuryo5

練習と違って、登れませんではすまないので、どうにか岩にかじりついて。

hokuryo6

下からみると、こんな感じで足が震える新人。

hokuryo7

ここを抜けると一気に山頂直下。足、まだまだ震え続けてます。

hokuryo8

hokuryo9

もう少し。

hokuryo10

がんばったおかげで、素敵な景色に出会いました!

hokuryo11

hokuryo12

名残惜しみつつ、山を後に。

hokuryo13

カテゴリー: 八ヶ岳, 未分類 | タグ: , | 阿弥陀北稜・裏同心ルンゼ(15年12月05日~06日) はコメントを受け付けていません。

広沢寺アイゼントレーニング(15年11月07日)

   雪山シーズン開始前に、広沢寺にアイゼントレーニングに行ってきました!
アイゼン、手袋装着で登っているパーティーが他にもちらほら。
みなさん、雪山が待ちきれないようでした。

DSCN2076_

外岩初のビレーにも挑戦させてもらいました。(新人T)

DSCN2100_

アイゼン、手袋装着で練習。これは、やっておいて本当に良かった!(新人T)

DSCN2087_

会長の華麗な登りも披露していただけました。(新人T)

その後、雪山に行ってみて、このトレーニングやっておいて本当----に良かった!

と、思いました。

 

 

 

 

カテゴリー: 広沢寺 | タグ: , | コメントする

屏風岩雲稜ルート&前穂北尾根 (9月19日~22日)

シルバーウィークは3パーティに分かれて北アルプスへ。
のんびり組は涸沢でまったり、縦走組は槍ヶ岳&大キレット、登攀組は屏風岩雲稜ルート&前穂北尾根へ。
メンバー 6名

1日目(9月19日)
DSC01980
初日は横尾でテン泊だったので、昼に上高地着。

DSC01994
のんびり組の会長。

DSC01996
のんびり組のMさん。

DSC02010

DSC02014
横尾でテン泊。

DSC02015
テント設営後、屏風への渡渉点を確認しに行く。空身で横尾から15分ほど。

DSC02016
渡渉できるか確認。自分はもう少し上流のところをじゃぶじゃぶ渡ることに。

DSC02017
帰り際に気付いた「岩小屋跡」の看板。

2日目(9月20日) – 屏風岩雲稜ルート
# 3:30 起床→4:30 横尾出発→6:00 T4取り付き→8:00くらい?雲稜ルート取り付き→14:00 終了点→17:30 T4取り付き→18:30 横尾
DSC02020
4:30 出発。渡渉後は1時間弱ルンゼを詰めていく。

DSC02025

DSC02033
正面右に見えるのがT4。

DSC02034
T4 1P目はMがリード。特に難しいところはない。

DSC02035
2P目はKさんがリード。登り終わると、Ⅱ級程度のところをFIXロープを使いつつ登る。

DSC02044
雲稜ルート1P目 Mリード。右上するルートで、上部の乗越しが難しい。

DSC02045
1P目の終了点直下。ここに上がるのが核心。

DSC02075
2P目はKさんリード。2P目は5~6m登った後、いやらしいトラバースあり。
足元の草付きがもろくて、非常に怖かった…。

DSC02076
トラバース後はフェース。ここも難しい。

DSC02077
3P目のあぶみルートは、Mリード。

DSC02078
あぶみルートの左側にフリーの支点(ペツルのボルト!)があったので、
ありがたく使わせてもらう。あぶみルートの支点は総じて悪い…。3mmの細引きは必須。

DSC02079
終了点側から扇岩テラスを。

DSC02081
3P目終了点。狭いので、詰まっていたら待ったほうが賢明。

DSC02082

DSC02101
4P目はKさんリード。5~6m上のバンドに終了点あり。ここからのトラバースが結構怖い。
ここの終了点は懸垂で下降する際に使います。

DSC02108
4P目終了点直下。4P目は10mくらい先のピナクルで切ってもいいが、自分たちは一気に伸ばした。

DSC02112
ここまで上がると高度感もすごい。

DSC02113

DSC02116
5P目 Mリード。トラバースから始まるスラブ。染み出しがひどかったので、あぶみを使って登りました。

DSC02117
5P目終了点直下。

DSC02140
懸垂で降りる場合、スラブの終了点からまっすぐ40m前後降りると懸垂点あり。
5P目開始の左横です。

DSC02141
定員2名。

DSC02145

DSC02157

DSC02160
懸垂点はきちんとあるので、ルート沿いに懸垂すると4回?で雲稜ルート取り付きに着く。

DSC02169
T4へはシングルで懸垂を繰り返し、ダブル50m2回で取り付きに。

DSC02179
渡渉後、ヘッドライトをつけ横尾へ。充実した登攀でした。

3日目(9月21日)
DSC02189
昨日登った屏風を横目に集合場所の涸沢へ。

DSC02200
合流後、ビールで乾杯。

DSC02201

DSC02202
なんちゃってボルダーで遊ぶ。

DSC02203
そうこうしているうちに、縦走のTさんが合流。

DSC02204
皆で宴会。

4日目(9月22日) – 前穂北尾根
# 4:45 涸沢出発→6:00 5、6のコル→9:30 3峰ピーク→10:20 1峰ピーク(前穂山頂) DSC02207
涸沢ヒュッテのトイレ横からガレ場に降りて、15分ほど歩くと、「5、6コル」と書かれた岩に。

DSC02208

DSC02210
ひたすらガレ場を登ります。

DSC02222
5、6のコルから5峰を。5峰、4峰はノーザイルですが、ガレガレなので慎重に。

DSC02269
核心の3峰。

DSC02272
3峰 1P目。支点が遠いので回収も結構大変。長めのスリングは必携。

DSC02281
2P目はチムニーあり。

DSC02293

DSC02294
3峰ピーク。広い&安定しているので、ここで一息。後ろに見えるのは2峰。

DSC02298
2峰の懸垂点。

DSC02299
他パーティーの懸垂している様子。

DSC02315
奥又白池も綺麗に見えます。

DSC02324
前穂山頂にて。

DSC02344
重太郎新道経由で上高地へ下山。激混みでした。
縦走しているときは眺めるだけだった屏風に加え、クラシックルートの前穂北尾根も登れて大満足の山行でした。

カテゴリー: 北アルプス, 屏風岩, 穂高岳 | タグ: | 屏風岩雲稜ルート&前穂北尾根 (9月19日~22日) はコメントを受け付けていません。

創立記念日@湯河原幕岩 (10月18日~19日)

創立記念日ということで、湯河原幕岩&秘密の別荘へ。
メンバー 10名→11名

# この日の戦績
・蟻さんルート 5.8
・シャックシャイン 5.10d
・もうじきバカンス 5.11c
・コンケスタドール 5.12a

1日目(10月18日) DSCN1598
まずはアップを。何本か登ろうと思うも、混み混みだったので希望峰へ。

DSCN1599
早速Tさんがシャックシャイン 5.10d に取り付く。こちらは核心。

DSCN1606
RP 一番乗りはTさん!

DSCN1614
続いてM女史。

DSCN1616
お見事です!

DSCN1617
…なぜかここで落ちる人も。

DSCN1618
もうじきバカンス 5.11c の核心は最初。とにかく遠い。

DSCN1619
核心のホールドをとれれば、あとはそこまで難しくない感じです。

DSCN1620
コンケスタドール 5.12a もまずはトップロープで練習。

DSCN1621
第二部に向けて買い出し。

DSCN1622
第二部の開始!

DSCN1623
主婦してます。

DSCN1624
神妙な面持ちでスイカバーを喰らう事務局長。

DSCN1625
お決まりです( ー`дー´)キリッ

DSCN1626
なぜか腕相撲が始まる…。

DSCN1628
確保器なしで懸垂する方法を会長から伝授。

2日目(10月19日)
# この日の戦績
・いんちきするな 5.8
・サンセット 5.10a
・帰還兵 5.10c
・シャックシャイン 5.10d
・ダイヤモンドヒップ 5.11a
・もうじきバカンス 5.11c
・コンケスタドール 5.12a
DSCN1630
2日目も快晴でスタート! サンセット 5.10a

DSCN1631
怪我から復帰のSさん。復帰後初めての外岩です。

DSCN1632
無理しないと言いつつ、ダイヤモンドヒップ 5.11a に取り付くSさん。

DSCN1645
混んできたので希望峰に移動して、もうじきバカンス 5.11c を。

DSCN1652
こちらは帰還兵 5.10c

DSCN1660
帰還兵の核心。カンテが甘いので結構怖い。

DSCN1655
Tさん家族も到着。

DSCN1661
次の一手がとにかく遠い…。Tさんのお陰で解決出来ました!

DSCN1663
シャックシャイン 5.10d。このルートはお勧めです。

DSCN1678
アナと雪の女王で〆

2日間とも天気に恵まれ、気持よく登る&飲めました!
次回はまた来年!
カテゴリー: 湯河原幕岩 | タグ: , | 創立記念日@湯河原幕岩 (10月18日~19日) はコメントを受け付けていません。