乾徳山 旗立岩中央稜 (撤退) (7月13日)

日帰りアルパインで乾徳山へ。
歩きもやらんとあかん!をテーマに徳和から登ろうとするも、天気が崩れそうだったので、大平高原から登り始めることに。 結果的には雨に降られ登れずじまい…。まぁ、また行きましょう!
メンバー 5名

DSCN1029
大平高原から出発。

DSCN1030
月見岩に到着。

DSCN1031
やっぱり登る(笑) ここ、ボルダーの課題もあったらしい。

DSCN1034

DSCN1036
このケルンのある次の展望台?に懸垂点あり。

DSCN1037
ここが懸垂点。見落とすことはないでしょう。リングボルト2つ、ハーケン2 or 3本ありました。

DSCN1038
旗立岩中央稜全景。

DSCN1039
登ってるパーティーもいました。

DSCN1040
2P目の懸垂点。ここは落石がひどいので注意。

DSCN1043
50mダブルで2P懸垂後、10~15分程度歩く。

DSCN1047
取り付きに到着。目印は左のガレ場。

DSCN1048
登り始めてすぐに雨が本降りに…。1P目でいきなり撤退。

DSCN1049
取り付き左のガレ場を直上して一般道に。ここも浮石だらけです。

DSCN1080
天気が崩れたのが予想よりだいぶ早く、こんな感じでガスってました。
天気はわからん。岩が脆い。浮石多し。

カテゴリー: 奥秩父 | タグ: | コメントは受け付けていません。