釜ノ沢東俣(2018年7月14夜発〜16日)

釜ノ沢東俣(2018年7月14夜発〜16日)


メンバーE D、K I、HS
連日の猛暑の中、東京を離れ一泊二日で釜ノ沢東俣に行って来た。今回は、鶏冠谷出合から入渓しホラの貝のゴルジュまで遡行した。
途中、夕立にあったが久しぶりに焚き火もでき充実した山行 だった。

s-蜀咏悄 2018-07-16 11 58 06 s-蜀咏悄 2018-07-16 11 45 58 s-蜀咏悄 2018-07-16 10 56 00 s-蜀咏悄 2018-07-16 10 15 53 s-蜀咏悄 2018-07-16 9 58 21 s-蜀咏悄 2018-07-16 9 45 17 s-蜀咏悄 2018-07-16 8 04 07 s-蜀咏悄 2018-07-16 7 58 59 s-蜀咏悄 2018-07-16 7 06 13 s-蜀咏悄 2018-07-16 7 01 55 s-蜀咏悄 2018-07-16 6 02 24 s-蜀咏悄 2018-07-15 20 20 48 s-蜀咏悄 2018-07-15 19 01 45 s-蜀咏悄 2018-07-15 18 22 25 s-蜀咏悄 2018-07-15 18 13 20 s-蜀咏悄 2018-07-15 16 30 30 s-蜀咏悄 2018-07-15 15 38 40 s-蜀咏悄 2018-07-15 15 27 55 s-蜀咏悄 2018-07-15 14 42 12 s-蜀咏悄 2018-07-15 14 39 59 s-蜀咏悄 2018-07-15 14 39 24 s-蜀咏悄 2018-07-15 14 22 12 s-蜀咏悄 2018-07-15 14 15 31 s-蜀咏悄 2018-07-15 13 59 07 s-蜀咏悄 2018-07-15 13 52 38 s-蜀咏悄 2018-07-15 13 42 27 s-蜀咏悄 2018-07-15 13 39 13 s-蜀咏悄 2018-07-15 13 04 57 s-蜀咏悄 2018-07-15 13 00 56 s-蜀咏悄 2018-07-15 12 10 24 s-蜀咏悄 2018-07-15 12 05 46 s-蜀咏悄 2018-07-15 11 57 53 s-蜀咏悄 2018-07-15 11 50 59 s-蜀咏悄 2018-07-15 11 42 54 s-蜀咏悄 2018-07-15 11 06 52 s-蜀咏悄 2018-07-15 10 13 46 s-蜀咏悄 2018-07-15 9 34 00 s-蜀咏悄 2018-07-15 8 46 25 s-蜀咏悄 2018-07-15 8 39 24 s-蜀咏悄 2018-07-15 8 24 22 s-蜀咏悄 2018-07-15 8 12 01 s-蜀咏悄 2018-07-15 7 48 42 s-蜀咏悄 2018-07-15 7 39 21 s-蜀咏悄 2018-07-15 7 39 02 s-蜀咏悄 2018-07-15 7 09 19 s-蜀咏悄 2018-07-15 6 55 48

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 釜ノ沢東俣(2018年7月14夜発〜16日) はコメントを受け付けていません。

水根沢(2018年7月1日)

水根沢(2018年7月1日)


メンバーED、お試しKW
前日は恒例となった鱧鍋パーティー、1日はお試し二回目の沢登り。

s-IMG_1339 s-IMG_1337 s-IMG_1335 s-IMG_1334 s-IMG_1329 s-IMG_1328   s-IMG_1323 s-IMG_1321 IMG_1662 IMG_1661 IMG_1660 IMG_1659 IMG_1658  IMG_1653 IMG_1649

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | コメントする

軍刀利沢(2018年6月17日)

軍刀利沢(2018年6月17日)


メンバーED、KI、お試しKW
お試し山行として、今年三回目の沢登り。

s-IMG_1354 s-IMG_1352 s-IMG_1351 s-IMG_1350 s-IMG_1349 s-IMG_1348 s-IMG_1347 s-IMG_1346 s-IMG_1345 s-IMG_1344 s-IMG_1343 s-IMG_1342 s-IMG_1341

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 軍刀利沢(2018年6月17日) はコメントを受け付けていません。

セドノ沢左俣(2018年4月22日)

セドノ沢左俣(2018年4月22日)


メンバーED、KI
土日が暑くなる予報だったので急遽沢登りに行くことになった。

s-IMG_1245

 s-IMG_1233 s-IMG_1231 s-IMG_1229 s-IMG_1228 s-IMG_1227 s-IMG_1225 s-IMG_1223 s-IMG_1221 s-IMG_1219 s-IMG_1217 s-IMG_1216 s-IMG_1215 s-IMG_1214 s-IMG_1213 s-IMG_1212 s-IMG_1211 s-IMG_1209 s-IMG_1207 s-IMG_1203

カテゴリー: 未分類 | タグ: | セドノ沢左俣(2018年4月22日) はコメントを受け付けていません。

葛葉川本谷(2018年04月01日)

葛葉川本谷(2018年4月1日)
メンバーED、KI
ヒルが出る前に、少し寒いが丹沢に行きました。

s-IMG_1190 s-IMG_1188 s-IMG_1184 s-IMG_1182 s-IMG_1175 s-IMG_1171 s-IMG_1170

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: | 葛葉川本谷(2018年04月01日) はコメントを受け付けていません。

日和田山トレーニング(2018年05月20日)

メンバー ED、  💧パパ、TD計3名

18日に慰霊祭を八重洲で行い。谷川岳に向けて20日のトレーニング日和田山決定。

天気予報は晴れ。

8;30 高麗駅集合、日和田山に向かいます。

9;20 到着。男岩。

s-IMG_5793

 

女岩、混んでます。

s-IMG_5794

 

10;00 5.6?を登る。混んでます。

s-IMG_5811

 

3人上に上がり懸垂で降りる。

s-IMG_5808

 

11;30 横のルートを 💧パパリード。

s-IMG_5826

s-IMG_5828

 

その後何本か登り

13;30 トップロープで練習。気温高くヌメヌメ。

s-IMG_5840

s-IMG_5845

 

16;00 終了。

 

駅周辺に居酒屋がなくそのまま電車で帰宅。

あっさり目の日和田山でした。

トレーニングにはちょうど良い感じでした。

カテゴリー: フリークライミング, 日和田山 | タグ: , , | 日和田山トレーニング(2018年05月20日) はコメントを受け付けていません。

涸沢岳西尾根(2018-05-04~06)

メンバー ED、KI、TD計3名

 

s-見出し1

当初GWは小窓尾根を計画。近づくにつれ天候不順になり、急遽涸沢岳西尾根に変更。

5/3の夕方出発、新穂高駐車場で仮眠。5/4に2400mテンバ適地まで登り、5/5涸沢岳ピストン、5/6下山と一般的な計画で出発。

天気予報は、5/3日雨のち曇り、5/4日雨のち晴れ、5/5晴れ。

21;00 新穂高岳駐車場に到着。馬場島から立ち寄ってくれた会長、事務局長と軽く一杯やってから就寝。

s-DSC08439

 

5;00 起床。7;00小雨になるのを待ってから出発。

s-DSC08444

 

8;30 穂高平小屋に到着。雪がない。

s-DSC08447

 

10;00 白出し沢出会い 雪がやっと付き始めました。

s-DSC08457

 

11;10 やぶを漕き漕き登ってゆく。このあたりから雨が雪に変わる。

s-IMG_5690

 

13;30 藪を抜け、樹林帯に雪がしっかりつき始めこの後アイゼン付ける。

s-DSC08475

 

15;10 2400mテン場適地に到着も雪が少なくもうひと踏ん張りしてテン場を探す。

s-DSC08483

 

16;40 テント設営完了。

s-DSC08487

 

19;00 初日はKIさんのハンバーグカレー。おいしかったです。疲れ果て20;00就寝。

s-DSC08496

 

5;00 起床。昨夜積もった雪 15cm位?。空は予報通り曇り。気温はそれほどでもない。

s-IMG_5696

 

6;30 蒲田富士目指して出発。

s-DSC08504

 

7;30 ぐんぐん登っていきます。

s-DSC08512

 

8;10 蒲田富士を見上げる。

s-DSC08520

 

8;30 急登FIXロープあり。少し晴れ間が。

s-IMG_5719

 

リーダー、KIさん

s-DSC08535

 

9;00 蒲田富士に到着。天気が回復傾向。小休止。

s-DSC08541

 

9;40 プラトーからF沢のコルを見下ろす。問題なく下れそうなので要所クライムダウンで下る。

s-DSC08552

 

涸沢岳、大迫力。

s-DSC08553

 

10;00 7ルンゼ?の登り。雪少なく岩稜帯を登っていく。

s-DSC08559

 

10;30 涸沢岳までまだまだです。

s-DSC08572

 

11;00 大分高度も稼いで、後に中崎尾根。

s-DSC08574

 

後に蒲田富士。ひたすら岩稜帯。

s-IMG_5748

 

11;30 急に天候が悪くなってくる

s-DSC08586

 

12;00 風も強くなってきて、気温も下がり始める。

s-DSC08587

 

12;15 強風の中、涸沢岳登頂、真っ白。

s-DSC08588

s-DSC08591

s-DSC08593

 

白だしのコル、真っ白。

s-DSC08594

 

12;30 すぐに下山開始。

s-DSC08596

 

12;50 足を止めてみると、、、。

s-IMG_5754

 

槍が見えた。

s-DSC08601

 

14;30 やっとプラトーに戻ってきました、天気も回復。

s-IMG_5757

 

15;00 蒲田富士で大休憩、涸沢岳登りから休憩なしで歩き続けてヘロヘロ。

s-DSC08614

 

振り返ると涸沢岳。

s-IMG_5766

 

15;30 蒲田富士からの下り、慎重に下ります。

s-DSC08617

 

16;30 テントに到着。今晩は恒例の雑煮。事務局長いつもありがとうございます。

    この日も20;00就寝。

s-DSC08620

 

3;00 起床。5;00 出発。帰りの渋滞を気にして早めに起床。

s-DSC08628

 

6;10 ぐんぐん高度下げていきます。

s-IMG_5773

 

9;15 白出沢出会い気温も上がって、夏山みたいです。

s-DSC08641

 

13;20 道の駅『風穴の里』で山賊焼きで〆。

s-DSC08645

 

天候不順により急遽変更した涸沢岳西尾根でしたが、山頂以外は概ね快適な山行になりました。ロープは一度も出さず、急登個所はFIXロープが張られており危険を感じることなく山頂踏めました。冬期の下見としては雪が少なかったかも?小窓尾根はまた来年に持ち越しとなりましたが、リーダーEDさん、KIさん共に満足のいく山行だったのではと思います。心地よい筋肉痛とともにまた日々の生活に戻ります。お疲れ様でした!!

カテゴリー: 北アルプス | タグ: , , | 涸沢岳西尾根(2018-05-04~06) はコメントを受け付けていません。

白毛門沢(2017年11月02日)

メンバー ED、KI


今年最後の沢登り、当初10月21、22日を計画したが台風により二週延期した。11月の沢登りであった為少し着込んで登り始めたが、日が出始めると少し熱いくらいで、快晴で紅葉の中の絶好の沢登り日和だった。


東京を11月2日21時30分発


白毛門登山口12時30分着、軽く飲んで就寝。


3日7時発。

IMG_0801

IMG_0804

7時40分ハナゲノ滝。
水量が多く滝は登らず、左から巻く。

IMG_0807


8時白毛門沢出会二俣。左が白毛門沢。ここも水量が多いので左から軽く巻く。

IMG_0808


8時45分5m。右から登る。二俣を過ぎると沢明るくなり暖かくなってくる。

IMG_0811


9時逆くの字ナメ。

IMG_0813


9時20分2段11m。右から沢沿いを巻く。

IMG_0814


9時50分タラタラのセン15m大滝。
最初の5mは左から巻く。7mも左から巻き、左からの沢に出る。左の沢を少し登り右にトラバースする。少し高く上がり過ぎた。15mと上部の5mを同時に巻いてしまった。

IMG_0820

IMG_0821


10時30分大ナメ滝と奥に大岩が見える。水流右を、笹を掴みながら登る。

IMG_0823


10時45分大岩。

IMG_0825


11時大岩を超えると稜線が見えてくる。中央にジジ岩が見える。

IMG_0827


6m滝右を登る。

IMG_0828


11時20分二俣。右を行きます。

IMG_0832


ジジ岩が顔に見える。

IMG_0833

 

数日前に降った雪が残る。

IMG_0840


13時15分沢の詰め終了が白毛門頂上。

IMG_0862

IMG_0872

IMG_0841

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 白毛門沢(2017年11月02日) はコメントを受け付けていません。

檜枝岐川下ノ沢(2017年10月02日)


メンバー ED、KI、会友HG
1回目、2回目は雨、台風で中止。今回、雨であったがようやくここに来ることが出来た。


10月2日6時30分東京発、10時会津駒ケ岳竜門ノ滝展望台駐車場着。

DSCN0382

 

11時出発。

IMG_0652


10分程で入渓点。


11時25分竜門ノ滝前のゴルジュに到着。

IMG_0655

左壁にシュリンゲが残置されている。さすがに10月泳ぐわけにはいかず右から巻く。

高く登りすぎたため懸垂で降り、左へトラバースする道を探したため時間をロスしてしま
った。


13時30分竜門ノ滝を巻くのに約2時間。雨も降りだした。

IMG_0658


15時10m右壁を登る。

DSCN0388


二股のテンバに着いたのは17時を過ぎていた。


メニューはマーボーナス。

IMG_0661


10月3日5時起床6時30分発。

DSCN0391


7時15分第2ゴルジュに入り。トイ状7m左を登る。

DSCN0396


いくつかの滝を、ロープを出しながら越えていく。

IMG_0672

 

8時15分スダレ状、左から巻く。

IMG_0675

 


9時30分第3ゴルジュ入口の10m滝、左から巻く。

10時30分8m右壁を登る。

IMG_0686


11時10m右から巻く。


12時10分第3ゴルジュ出口の10m滝、左から巻く。

IMG_0689

13時15分奥ノ二俣。


13時20分12m左壁を登る。

ここから登山道まで約2時間。

駒ノ小屋で少し休憩し下山開始。駐車場に着いたのは18時。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 檜枝岐川下ノ沢(2017年10月02日) はコメントを受け付けていません。

鶏冠谷右俣(2017年09月02日~03日)

鶏冠谷右俣

メンバー ED、KI、SF

台風の影響で天気が心配であったが、晴れて沢日和であった。

9月2日20時東京発、道の駅みとみで小宴会。

9月3日4時30分起床、西沢渓谷へ移動し5時45分出発。

IMG_0554

 

東沢にかかる吊り橋から朝焼けに映る鶏冠尾根。

IMG_0558

 

河原から鶏冠谷出会。

IMG_0560

 

10m魚止滝、朝が早いので素直に右側から巻く。

IMG_0562

 

しばらく濡れないように遡行。

3段12mナメ滝、1段目は右側から巻く。2~3段目は簡単に登れた。

IMG_0566

 

8×20mくの字の滝、水流の右を登る。途中ハーケンを一本打ち(残置)した。右上に残置シュリンゲが数本あるので、それを使用した。

IMG_0569

 

4×6mY字型濡れながら左から登る。

IMG_0571

IMG_0572

 

左俣と右俣の二股。

IMG_0574

 

右俣に4m滝と奥に25m滝、右側を巻く、途中道を間違えたためロープを出した。

IMG_0575

 

4m倒木を利用して登る。

IMG_0578

IMG_0579

 

30m滝は水流右側を登る。

IMG_0582

 

大滝40mまではナメとナメ滝を登る。

IMG_0586

IMG_0588

IMG_0589

IMG_0591

 

11時大滝が見えてきました。

IMG_0594

 

恒例のソーメンとビール、ノンアルコール酎ハイで乾杯。

IMG_0601

IMG_0616

 

13時近丸新道、15時15分西沢渓谷駐車場着。

カテゴリー: 未分類 | 鶏冠谷右俣(2017年09月02日~03日) はコメントを受け付けていません。