岳樺アルパインクラブとは


岳樺アルパインクラブとは

岳樺アルパインクラブは、東京都山岳連盟加盟の社会人山岳会で、30代40代のメンバーを中心に、アイゼン・ザイルといった道具を使用して山を登るアルパインクライミングを実践している会です。 当会の山行は、正月(年末年始)・五月(G.W.)・夏(盆)の年3回の合宿を軸にしたもので、それに合わせ毎月の山行を計画しています。隔週水曜日の例会で山行の場所を決定していますが、どの山行についてもメンバーの希望を出来るだけ取り入れるため、希望の場所がある方であれば、自分の希望する場所を登ることは大いに可能です。 夏は岩登り・沢登りが中心になり、冬は凍結した滝やルンゼ、あるいは急峻な雪稜などを対象にした登攀が中心となります。どの山行も金曜夜東京発、日曜日の夜東京戻りというパターンが多いですが、メンバーの中には水曜日などが休日の者もいますので、そちらでの活動を中心にやっているものも数人います。 当会の禁止事項として、ハイキング等を除き、過去の事故事例から他会会員との危険を伴うアルパインクライミングを原則として禁止しております。 このような岳樺アルパインクラブでアルパインクライミングというものに挑戦してみたい方は、随時メンバーを募集しておりますので、ぜひご連絡ください。また、例会見学も歓迎しています。当会は弱音を吐かない根性さえあれば、性別、年齢、経験の有無は問いません。

会費

入会金4000円。月会費500円。月会費は年間一括の徴収を基本としています。 (例:1月入会の場合は、1500円を月会費として一括徴収)

保険

全員加入必須。年間5000円程度の保険に毎年入っていますが、自分で入っている方はそちらでも構いません。