北鎌尾根より槍ヶ岳


5/1(水) pm10:00新宿駅ホーム集合、急行アルプス号にて大町へ 新宿(発)23:50~5:08信濃大町(終着駅)

5/2(木) 天 候:快晴 タイム:5:45信濃大町駅 ~ 6:55高瀬ダム~7:40発電小屋~ 8:35名無避難小屋~9:55晴嵐荘(着)/10:30出発(山靴に履き替えて)~13:46左岸トラバース終了~16:30左岸トラバース(2回目)~17:00左岸高巻き~17:37千天出合(テント) 夕 食:いつもの雑煮でーす。(朝は各自) ルート:タクシー2台に便乗し高瀬ダムに向うが、途中のゲートが6時半にならないと開かないので少し待たされ入山許可証らしき物を貰い出発し、ダムの上が終点。

05020002

ダムから晴嵐荘までは何本かトンネルをくぐったりの林道歩きでした。 晴嵐荘前の河原で山支度をし、暫くは左岸の山道を行き11時半に先行パーティー4人が左岸の急斜面(残置ロープあり)をトラバース中、急ぐ事は無いのでここでハーネスを着ける。

05020006

トラバース壁には太いワイヤーが張ってあり平良さんがザイルを出して皆難なく通過したが時間がかかった。ここを2時に出て途中倒木の如何にも渡って下さいと言わんばかりの丸木橋より対岸に? 右岸の先には枝沢があり万事休す!…Uターン。15時22分、雪渓の高巻きを終えて水際の左岸トラバース手前で休憩。このトラバースは会長が残置ロープを便りに工学的知見(!)を使って通過。千天出合は近く、左岸の高巻きはロープ有り高度感十分、その先の大きなスノーブリッジを左に見て少し行った所で今宵のテント場とする。夜は焚火をしながら星なんか眺めて…ここまでは予定どうり。

5/3(金)
天 候:晴れ
タイム:4:30起床~6:20出発~~(渡渉)~10:30千天出合~11:00P2取付きの対岸(休)12:05渡渉終了(2回目)~12:30P2へ出発~13:05(1840m地点)~14:30P2着15:30テント設営完了
朝夕食:パンとスープ/ビーフシチューとコンソメスープ、野沢菜
ルート:本日は北鎌のコルがテント予定地。何処かで右岸に行かなきゃならないのだが…ウロウロと行ったり来たり、大きな倒木を皆で引きずり出したり…・やはり渡渉するしかないか!?!会長はイマイチ気乗りがしない様子、結局テント場より少し上の所でしっかり渡渉、難儀をしたが9時半に再出発。

05030001

P2取付き真近に大きなスノーブリッジとその上に太い倒木があったが危険を犯したくないのでまた渡渉、桃子さんの遭難碑が目印となっている取付きに到着です。P2への登りは岩と木の根をしっかりつかんでグイグイ高度を稼げる所ですがかなり急です。時間的にもP2の先はテント場が難しいのでP2の東側雪斜面を掘ってテント設営(P2から見える次のピークの斜面にもテント可)、8時就寝。

5/4(土) 天 候:前夜半より雨、雨…

タイム:4:15起床~6:20出発~7:32P4手前のコル~8:15P4~9:06P5トラバース手前10:12P5P6のコル(休)~11:15P6~11:28P7~12:43北鎌のコル(テント設営完了) 朝夕食:パンとスープ/カツ丼とワカメスープ ルート:天気予報どうり夜中の12時ころからポツポツと…今日は1日雨の様(憂~うつです)、ドシャ降りじゃあないが虹が出ても止む気配無し。(P4ピークにもテント設営可)P5のトラバースは天上沢側に降りて(ここは慎重に懸垂した)中間までが嫌らしく、ここからの急雪壁はザイル無しでコルまで登る。P6の千丈沢側のトラバースはザイルを出してブルージックで通過。P7を過ぎ雨も酷くなってきたので早々と北鎌のコルに停滞を決める。

5/5(日) 天 候:曇りのち晴れ、風強し

タイム:4:00起床~5:50出発~7:07P8~8:00P9~11:00独標/11:30出発~12:55P14~14:20ザレの急斜面(ザイル)~15:40北鎌平~16:00槍の基部/16:30テント設営する事に決定 朝夕食:パンとスープ/中華丼と赤飯とワカメスープ ルート:24時間降り続いた雨もやっと止んだ様、天空は今にも青空が出て来そう。(北鎌コルの上にもテント可)。

05050003

独標の登りは右トラバースと直登ルートがあり、我々は直登、ザイル20m/1ピッチ×3ピッチのブルージックで最後は雪壁を直上して…・・槍が目前に姿を表わしました。ここから北鎌平までの岩稜帯はアップダウンが激しく、とても稜線漫歩とは言えず時間がかかってしまいました。(P15にもテント可)山頂まで後2時間、う~ん暗くなってしまう、迷ったがここでやめて正解かも。明日はきついが朝に山頂に立ち頑張って降りましょう。

05050004

 

05050006

yariL

DSC00030

 

DSC00042

5/6(月)
天 候:快晴
タイム:4:00起床~6:20出発~7:45槍ヶ岳山頂~8:45槍ヶ岳山荘(お昼)/10:00出発~11:35旧槍沢ロッジ~13:30横尾山荘(大休止)/14:45出発~15:40新村橋~16:30明神橋~17:30河童橋/18:10ジャンボタクシー(¥23,000)で~19:20松本駅着20:00発スーパーあずさ号で帰途に就く。
朝昼食:行動食とコーヒー/槍山荘でビール(¥500)とカップヌードル(¥360)
ルート:テントから顔を出すと東の空が赤く…・・登頂を本日最終日にして大正解の天気が約束されました。

DSC00044L

 

05060001

テント撤収の頃、後続のパーティーが我々の所に来て今日も岳樺ペースで最後尾から追い上げます!今日は最終日、会長がトップで頑張ります。見上げれば山頂まで残す所200mか、急峻な岩と雪のミックスが続き、何処でザイルを出すのかと夢中で登っていると “山頂だよ”と、ついに北鎌尾根から槍ヶ岳へ辿り着きました。握手握手…お疲れ様でした。

DSC00054L

 

chokkaL

 

05060004

 

05060006

 

05060007

下山は槍沢の長い長~い雪渓を下り、上高地までのウンザリする道をただひたすら…体はボロボロ、でも最高に充実した山行でした。

what is DNS . domain name data . facebook down . Tincversalaga
カテゴリー: 槍ヶ岳 タグ: パーマリンク