鹿島槍ヶ岳(12月30日~1月2日)


 


メンバー:5人
#12月29日(土)夜行~30日(日):天気は雪雪雪・・・一の沢の頭下部樹林帯へ
新宿23:54分発、恒例のムーンライト信州号にて信濃大町へ。今回のメンバーは会長、ヨッシー、タライラーマン、ユウコ(リン)!、ハセベー、またまたいつものロートル3+2の5名で5月合宿の北尾根面子と一緒なり。出発前から天気予報を気にしていたがずっーとダルママークが鎮座!強い寒気が列島を覆う最悪の状態、これは抜けられそうもないなあと・・・行く前から気が重~い。

信濃大町の待合室で支度をして大型タクシーに5人とザックを詰め込ませてもらい大谷原まで行ってもらう。6:50分出発。雪がちらちらジャケットのフードを被らないといけない状況でやはり帰るまでお日様は拝めないだろうな、、、頑張っていける所まで行きますか(Go—)。

 

 

 

東尾根への取付きは林道の左側が堰堤で右の斜面に赤布があるので直ぐにわかる。8:30出発~2人組み先行パーティーの後を追い尾根上を目指す。10:50分標高1800m地点で前日入山パーティーのテントがあり、恐らく大雪になるので下山の事を考えてここらで停滞を決め込んでいるのかな。我々は一の沢の頭まではと目標にしているのでもう少し頑張り頭の稜線手前下部の樹林帯に適地を見つけ早めの幕営準備(13:00)相変わらず雪は舞い降りて来ております。

 

 

明日も停滞と決め、2日間で持って来た食料を食べちゃおう!!と言う事になり今晩は焼肉スーキと赤じゃあなくて白ワイン!テントに積もる雪を気にしながら宴会ムードに突入・・・夜中にトイレタイムのものはテント周りの除雪作業よろしくV。

#12月31日(月):今日も予定通りの雪雪雪・・・停滞2日目なり

 

 

本日は大晦日、久々の朝寝坊で昼間は明日の下山の為のルート工作をなんて予定はしていたものの誰~れもその気がなく、この雪じゃあやっても無駄かとまたまた宴会モードに突入で遅いお昼はいつもの雑煮、夕食は1日早いお節料理をつまみながら皆満面の微笑みV、寝袋にもぐりラジオの紅白歌合戦を聞きながらの早めの就寝Zzzzzz……外は雪がシンシンと静かに降っており風は殆ど無いこういう状況は結構積もるのだよネ、外には行きたくないが除雪作業は必須状態でした。

 

 

 


  #1月1日(火):もうずーっと雪雪雪・・・下山日でしたが</h3

 

 

6時起床、あけましておめでとうございます。年初にピークを踏めなかったのは非常に残念ですが、こんな大雪はめったになく何年振りかの大ラッセルとなりそう。7:45分出発。胸までのラッセル積雪2晩で1m !!上手に踏み固めていかないとZzずZuぼっという感じ~14:45分に1800m~15:40分やっと林道に降り立つ(へなへな~)、一の沢の頭で幕営していたYCCの2人も本日下山で先行してワカントレースをありがとうございました。我々は林道途中のS字カーブの所で時間切れの為もう1泊で~した(疲れ果てて食欲も無し、ラーメンを流し込んで紅茶お茶などなど水分を沢山とっておやすみなさいです)。ラジオで槍ヶ岳にて雪崩で4人不明のニュースを聞きドキッ、気を付けないとね。


#1月2日(水):うす曇のち下界は良い天気、でも鹿島槍はガスの中

 


6時起床、9時出発~10:40分に林道入口に到着。皆さん無事でお疲れ様でした。また来年もチャレンジしましょう。頼んでおいたタクシーが来たので一汗流しに葛温泉へ、それからいつもの俵屋飯店へ、信濃大町に来てここへ寄らずして帰るべからず、てな訳で皆でたらふく食べて帰途に就きました。

 

 

 

カテゴリー: 北アルプス タグ: , パーマリンク