南佐久・湯川(1月20日)


 

前回は、氷が少なく登ることの出来なかった湯川に再び行ってみた。
朝6時半に荻窪を出発し、前回と同じように佐久ICから国道を南下。途中で見えた浅間山の山頂は、真っ白に雪がかぶさっていた。そして目の前に現れた妙義山の岩稜は迫力があった。
今回、私たちが登ったのは初心者用の氷壁だったけど、上級者用の氷壁もあり、幅広く楽しめそうなところだった。何だかんだで17時まで遊んでいた。

メンバー:3人
#湯川

9時に湯川に到着。

雪と氷の世界が拡がっており、氷はガラスのようなグリーン色をしていた。

準備開始。

登攀中。

「赤いシャツを着た人が登っている写真を撮りたい」と言っていたおじいさんカメラマン。おじいさんのためにがんばれた。登り終わったあと、笑顔で手を振ってくれた。

日曜日だったので、アイスクライミングの講習会をやっていたり、カメラを抱えた人が何人かいた。

場所を移動し、

昼休憩を取る。ただ、こちらの氷はまだ薄く元の場所に戻って登りなおすことに。。。

帰りは掻揚げそばを食べ、荻窪に着いたのは21時頃。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク