丹沢・広沢寺(4月19日)


5月の合宿に向けた岩の練習。朝9時に本厚木駅に集合し広沢寺の岩場へ向かう。前日の予報では雨だったためか、我々のパーティ以外に誰も居らず、岩場を独占。こんなことはかつて一度もなかったような。贅沢にも3ルートを作り、思い思いに登る。日が差してくれば、汗ばむほど暑くもなった。15時まで岩場を一通り登ったあと、事務局長宅に集まり、5月合宿の最終確認。共同装備を分け、行程を確認する。それが終わったあとは延々と酒が続く。

メンバー:9人(うち1名はお試し山行)
#準備開始

先客がいないので、広々と荷物を広げ準備開始。とりあえず、みんなフラットソールを履き、体を慣らす。

#平良登山学校

自己脱出の練習。

他にも、アブミを使って登攀の練習など。

#プレゼントファイブ

部分的に湿っているところもあったけど、そんなところは登りたくないので、乾燥したプレゼントファイブ(5.7)を登る。

#中央スラブ

会長は中央スラブ(5.9)。時々日差しが出てきて、暑くなる。太陽が出ていれば、半袖でも十分なくらいであった。

中央スラブをほぼ登りきったところから。会長が日向ぼっこしているのが分かる(?)。本当に、うちの会の人間以外いない。独り占め。

#一般左ルートの下部

今回ザイルを張った一番左。こちらは上まで登りきらずに途中まで。

#アイゼンでの練習

5月合宿のための練習でもあるので、アイゼンをつけての練習も。

対岸から見た広沢寺・弁天岩。ここから見ると圧倒されるくらいの急斜面に見えるんだけどね。

15時くらいまで、岩を楽しんだ後、事務局長宅で、5月鹿島槍東尾根合宿の準備会を引き続き行う。共同装備を分け、行程を確認した後、酒を飲みながら、延々とおしゃべり。夜帰る人もいれば、そのまま泊まり翌朝帰る人もいた。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク