和賀山塊・堀内沢-八龍沢(8月13~16日)


2008年度の夏合宿は、岩手、秋田両県にまたがる和賀山塊、堀内沢(八龍沢)。日本有数の豪雪地帯であり、奥深い原生林の中を遡行する迫力は、上越や奥秩父とはまた違ったスケールの大きさを感じられた。

行動初日の13日は快晴に恵まれたが、14日と15日は雨。14日は雨の為3時間行動、増水で進めず停滞。撤退も考えたが、15日、曇り空の中晴れることを期待し遡行開始。しかし核心の大高巻きを終えるとまた雨が。大粒の雨とカミナリの中進む。源頭部でやっと雨が上がり、2時間のヤブコギで稜線に上がる。疲労の為、食事もそこそこに就寝。
16日、テン場から15分程で念願の和賀岳山頂へ。美しいお花畑と草原で、疲れも吹き飛び報われる。最終日のこの日は雨に降られることなく、気持ちよく稜線歩きを楽しめた。

*下山路の甘露水からの林道では、地元の方に車に乗せて頂きました。タクシーも呼べない状況の中で、あの林道を歩いていたらまた夜になってしまい大変なことに。本当にありがとうございました。

8月12日 東京夜行発
13日 夏瀬温泉11:30着 12:00出発~朝日沢出合16:00
14日 朝日沢出合9:00~オイノ沢手前12:00
15日 オイノ沢手前7:00~辰巳沢9:45~八龍沢大滝高巻き終了15:30~稜線20:30
16日 テン場9:15~和賀岳9:30~薬師岳12:00~甘露水15:00
17日 早朝 東京着。

メンバー:5人
#13日

夏瀬温泉Pにて遡行準備

玉川を渡り、堀内沢出合へ

沢靴へ交換

 

 

入渓点

ブヨ対策

 

 

ワニ奇岩かな??

岩魚です。

 

 

 

15日 出発準備

 

 

原生林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬師岳 山頂

 

甘露水口

帰りは盛岡IC手前の道の駅でわっぱ飯を食べ。片道約600キロの道のりに備えた。運転を交代しながら、ちょうど東京に着く頃に夜が明け、夏合宿が終了した。お疲れ様でした。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク