中田切川・大荒井沢(10月3日~4日)


秋雨前線が停滞している中、今シーズン最後の沢登りと称しロートル3名含む4人で入渓。幸運にも土日のみ晴天でジャバジャバと行きたい所でしたが現地朝方までの大雨で沢は増水(想定外!)、、、3級と言えども足取りは遅く“脳裏をかすめるのは大田切本谷の再来かと!”何とか抜けて非難小屋に到着し長い長~い池山尾根を満月に見守られながら、またまた思い出に残る沢となりました。

メンバー:4名
#10月3日(土) 曇り時々晴れ
いつもの駒ヶ根の駐車場に車を置き、タクシーで林道終点(約30分)まで入ってもらい堰堤?工事現場の川床まで下り荒井沢出合の取水口(工事用バイパス)堰堤前で沢支度をして堰堤を右から乗り越えて入渓(9:40)。






#荒井沢出合と工事用取水口


中田切本谷は増水してとても水線道しは無理、何回かロープを出して渡渉を繰り返し、長いことやっとのことで煙りノ滝ゴルジュに到着。ここは最初から右岸から全て高巻き、遡行図では左岸もルートがあるようだがチョット無理では?何だかんだと高巻き終了(12:20)休憩(12:45)出発、本来なら大荒井沢出合まで2時間弱な筈なのだが・・・




#また渡渉



#チェックストーン滝



#大荒井沢手前


大荒井沢出合にやっと到着(14:15)出合は藪っぽいけれど増水しているので直ぐに解った。日も射しているので小休止。


(16:30)行けども横綱ノ滝には届かず・・・予定の小荒井沢二俣には到底無理と判断し今宵の幕営場を左岸台地とする。明日の事を考え、焚き火はしないで鋭気を養い早めに就寝する事にする。


#10月4日(日) 晴れ
3時起床、(5:30)出発~程なく横綱ノ滝に到着、ここは滝左のスラブ気味の所から抜けられる。




#またまたチェックストーン滝




#日差しが暖かい

(7:55)小荒井沢の出合い
(8:40)大岩に到着。


チェックストーン滝が多く何回か右岸を高巻いて川床に降りたら(9:50)前方に曇りノ滝3段120mが大きく立ちはだかって、凄い素晴らしい、我々が沢でこんな大きな滝を見たのは初めてです。時間も無いので記念撮影をして本日の核心である大高巻きに入らねば、





#大滝上部


#大滝前で記念撮影


大高巻きの遡行図コースタイムは約1時間半とあるが、右岸高巻きで遥か上部は岸壁帯となっておりそこの弱点を衝いたルートファインディングがポイントとなりそう。藪を左斜め上に詰め支尾根の基部を左に回りこんでブッシュ帯を直上するがここで安全のためザイルを出して右から上部にルート開拓!まだ結構高さがあり再度ザイルを右方上部に伸ばし、やっとのことで滝上に降りたのが(13:00)、3時間も掛かってしまいました。


後2時間で非難小屋、さあ皆頑張ろうね。



この大荒井沢は源頭近くになっても相変わらず滝が多く水も枯れる事がありません。



暫くして紅葉に染まる山肌が見えて来た所やっと非難小屋に到着しました(17:45)。お疲れ様でした、~握手。


池山尾根下山開始(18:30)~駒ヶ根駐車場着(11:50)、無事帰還です。何はともあれ中央アルプスの沢はいつも苦労させられますがまたまた思い出に残る2日間となりました。

カテゴリー: 中央アルプス タグ: パーマリンク