剱岳・八ツ峰 (5月1~4日)



GW合宿は劔岳へ。
メンバー:9名(八ツ峰3名、源次郎尾根4名、早月尾根2名)

#5/1
7:30黒部ダムで会長達と別れ源次郎隊と共に出発




内蔵助平を目指し7人で黒部川を下り、内蔵助谷分岐で一休み8:40。


丸山を左に見ながら内蔵助谷を詰める。
11:00内蔵助平に到着。


ハシゴ谷乗越へ向かうが、最後の急登でバテバテ。



13:20ハシゴ谷乗越到着。ここでやっと八ツ峰の一峰が拝むことが出来た。



14:30ハシゴ谷乗から下る途中の尾根上にテントを二張し、軽く宴会のスタート。




#5/2
2:30起床し4:30出発で源次郎隊と別れ八ツ峰隊の3人で剣沢へ降る。




剣沢から長次郎谷入り八ツ峰の1・2ルンゼ下部に6:50到着。
休憩するが、日も当たらず風も冷たく体が凍えてしまうので、登攀具を身につけ少しの休憩で出発。



ルンゼを登って行くが、あまりの急登ですぐに息があがってしまう。しかし、なかなか休憩できる所がなく、やっと見つけた平らな僅かのスペースで3人休憩。



その後、休憩できる場所は無くひたすら蹴り込みながら登っていくとやっとコルが見えてきた。


9:30バテバテになりながらやっとのことで、1・2のコルへ到着することが出来た。


コルから今回登れなかった一峰を取り合えず写真に収め二峰へ向かう。


二峰へは大した高低差も無くすぐに到着し、今回初の懸垂(15m)。




3人の懸垂が終わりザイルを回収しようとしたところ、岩の割目に引っかかり回収不能!
F氏が登り返しザイルを外しやっと回収したが、思わぬ時間を取られてしまった。
三峰へはすり鉢状のトラバースがあり、気温の上昇で雪がグズグズになって非常に緊張しながら懸垂点へ。

ここの懸垂点は、ハイマツから取っている1本のスリングしかなかったので、用心の為にE氏のスリングを追加で残置。





懸垂(20m)後に源次郎隊と無線交信してみると、源次郎一峰で大休憩をしながら双眼鏡でこちらを監視しているそうな。本日のお互いの予定を確認し交信終了。
三峰へも殆ど高低差が無いので息が切れること無く到着。


三峰からも懸垂で(15m)降下し四峰へ。



四峰から振り返ると、尖がった三峰美しく見える。


四峰へ向かう途中に本峰がまじかに見えるようになってきた。



四峰はスノーリッジになっており一歩一歩慎重に。



四峰の懸垂点は、多くのスリングがあり不安無く懸垂(25m)出来る。




五峰への急登終えピークで振り返ると、越えてきたピークが見渡せた。



その後、懸垂点のあるニードルへ向かい、リング付のシッカリした懸垂点で、35mの懸垂しさらに40mの懸垂で5・6ルンゼに着地。




16:00に5・6コルへ到着しテントの設営。
源次郎隊と無線交信してみるが、往信が無い。まだ、行動中かな。


17:00頃に源次郎隊から無線コールがあった。どうやら、19:00頃まで行動しなければテントが設営できる場所に行けないとの事。
源次郎隊には申し訳ないがその頃、八ツ峰隊の3人はテントの中で暖かい紅茶を飲んでいました・・・

#5/3
昨日と同じ2:30に起床し朝焼けを眺めながら4:30に出発。


六峰へはいきなりの急登。

すぐにザイルを出し慎重に一歩一歩登って行く。



六峰のピークへ立つと、この先に迎える七峰・八峰・八ツ峰の頭が望むことが出来る。


六峰からの懸垂点もシッカリしており、安心して降りることが出来る。



七峰へは、リッジ等が多いのでスタカットとコンテを交えて進む。


七峰の懸垂点は、スリング1本のみ・・・
どこから取っているのか分からないので、懸垂は行わずにクライムダウンで進む。



ここで後続パーティーが追いついたので7・8のコルで先に行ってもらうことに。
追越したパーティーが八峰の1ピッチ登ったところで、F氏が先頭でスタカットで登り始める。


2ピッチ目で八峰のスノーリッジを越えや八ツ峰の頭が目の前に。

3ピッチ目八ツ峰の頭へ到着。



八ツ峰の頭から振り返ると、越えてきたピーク眼下にそびえて見える。


八ツ峰の頭からは、クライムダウンで10:20に池ノ谷乗越へ到着し八ツ峰縦走が終了。
朝から一度もザックを降ろせなかったので、乗越で大休憩し源次郎隊に無線連絡をしてみると、すでに本峰に着いており、我々の到着まで待ってくれるとの事。寒い中、待ってくれる事に感謝感激。


休憩を終え一路本峰へ。




最後の雪壁を上り源次郎隊と合流。




その後、山頂で全員の記念撮影し早月尾根を下山。





早月小屋でビールを買い込み小屋下で会長達と合流し大宴会。


#5/4
この日は馬場島へ下山するだけなのでのんびり起きてテントを撤収し9:00に下山開始。






11:30に馬場島に到着。


その後、お風呂に入り、富山で打ち上げ。

18:59発の電車で帰京。東京駅へ23:04に到着し今回の剣集中が無事に終わりました。

カテゴリー: 北アルプス, 立山・剣岳 タグ: パーマリンク