赤谷川本谷 (7月17~19日)


前回の沢登り&遭難対策訓練に続く、今年2回目の沢登り。当初の予定では1泊2日であったが、毛渡乗越からの下山ルートがよく分からず、迷い込んだ沢の中でもう1泊する羽目に(会のメンバーにはご心配おかけしました)。今回の赤谷川本谷は、時間をかければ、登ることもできる滝も多いようだが、時間が限られていることもあり、ドウドウセンまではほとんどの滝を巻くことに。まるで巻きの練習をしに来たよう。ただ、ここより上は、天気に恵まれたせいもあると思うが、純粋に美しい沢で、景色を楽しめた。アプローチが長い沢のせいか、人がほとんど入っていないように思われた。現に今回の3連休も我々だけ。

メンバー:3名
#土曜日
金曜日の夜に東京を出発し、川古温泉を目指す。川古温泉手前の駐車場でテントを張り、軽く飲んで仮眠。

準備をして、6時50分出発。雲はあるが、晴れそうだ。

道が湿っているせいもあるのだろうが、林道の終点まで、ヒルの巣になっている。気がつくと、ヒルが靴にまとわりついており、前回に引き続き、ヒルの餌食に。

林道は歩きやすいが、そこからさらに伸びる登山道の道は悪い。油断すると滑って、泥まみれになりそう。ただし、こちらにはヒルがいない。

#入渓点

9時半、入渓点に到着。2時間半ほどの歩き。ここで装備を整え、沢登り開始。

水はそれほど冷たくはないので、ざぶざぶ行ける。

#マワット下ノセン

最初の大滝であるマワット下ノセンが見えてきた。10時半。

まだ、どっぷりと水につかりたくないので、巻くことに。

#マワットノセン

少しの間、穏やかな沢を歩いているとマワットノセンに到着。10時50分。

気持ちが良さそうなので、泳いでみる。

こちらも巻き。左のルンゼから巻く。

巻いたところで、少し休憩。

#巨岩帯を行く

巨岩がゴロゴロしている地帯を通る。お岩の間を潜り抜けたりと、足を大きく上げたりと、結構体を動かす。

そうしていると、裏越ノセンが見えてくる。

#裏越ノセン

14時、裏越ノセンに到着。こちらも左のルンゼから巻く。ガレガレのガレ場で登りにくい。

15時に扇沢との出合いに到着。ドウドウセンの上まで行く予定であったが、くたびれたので今日はここで終了。

薪を集めて、焚火をしようとしていたら、17時くらいから雨が降ってきたので、テントの中に避難。かなり斜めになっているので、快適なテント生活とは言えず。

焚火で豪勢に行く予定であったので、ちょっと残念。酒も大量に残したまま、早めに寝入ってしまった。

#2日目(日曜日)

4時半くらいに起きて、準備を開始。昨晩は雨が降っていたが、今日は朝から青空が出ている。楽しい沢登りができそうだ。

6時出発。ドウドウセンを巻くために、扇沢を詰める。

雪渓の先にあるトイ状の滝の手前から右側の泥壁を登っていく。ドロドロで登りにくいが、バイルを使って強引に登る。

そこから、なんとなく踏み跡をたどる。尾根の反対側に出ると、ドウドウセン上のテント場が見えた。

雨で滑りやすくなったスラブを降り、ゴーロへ。

少し休憩をする。太陽もやっと谷間に差し込んできたので、明るくなってきた。ここから上流は、穏やかな沢になる。

徐々に明るくなってきて、楽しい。綺麗な沢が続く。雪渓が残っているため、水が少し冷たいが、寒くはない。


みんなで集合写真。






雪渓があちこちに残る。雪渓を越えたりしないがら、沢を詰めていく。

主流を詰めながら進み、途中から水のない左の沢に入り、尾根を目指す。

最後は、背の低いササ藪を抜け、登山道に到着。12時半。

#万太郎山頂

万太郎の山頂に着いたのは15時。午前中はあんなに天気が良かったのに、どんどん悪化していく。雷はなるし、大粒の雨が降ってくる。

万太郎を越え、毛渡乗越から入渓地点に戻ろうとしたが、登山道が良く分からず、沢に入ってしまった。滝を何度となく懸垂で降りる。

濁流の中も下る。

こんなことを何度も繰り返し、35mの滝を下った先に、底の全く見えない滝が再び現れたので、安全のため、今晩の行動は中止。21時。

35mの滝壺の脇のスペースにテントを張る。ちょっと岩がゴロゴロしていたが、昨晩よりはいいテント場かも。酒も食料もたっぷり残っていたので、それらを平らげる。

#3日目(月曜日)

携帯は一切つながらず、会のメンバーに無事でいることの連絡できないため、早めの行動開始。6時には準備を整え出発する。

昨日降りようとした滝を覗き込んで見るが、50mと30mザイルでは降りられそうもないくらい高いので、沢から脱出し、尾根まで上がることに。

ササ藪をよじ登っていると、明瞭な登山道にぶつかった。7時。一安心。

あとは、登山道を下り、入渓地点まで戻る。昨日の雨で、滑りやすくなっていたため、何度か尻もちをついたが、無事到着。7時半。

ここからは、来た道を戻って、川古温泉へ。昨晩の雨で流されたのかヒルがかなり少なくなっていた。川古温泉に着いたのは10時着。ここで、会長たちと合流し、猿ヶ京温泉のまんてん星の湯でひと風呂浴び、食事をして、帰京。事故渋滞に巻き込まれはしたが、明るいうちに家につけた。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク