八ヶ岳 石尊稜


正月山行後の最初の山行。あまり参加できる人がいなかったため、3名での石尊稜。天気予報では日曜日は悪くないはずであったが、上部岸壁までは真っ白なガスの中を登る。風もそこそこあり寒い。ただ、上部岸壁の手前からは急速に空が晴れてきて、最高の眺めの中、岸壁を登る。渋滞で待つことも殆ど無く、気持ちのいい楽しい登攀であった。

メンバー:3名

IMGP2393

土曜日の朝7時に三鷹駅に集合し、八ヶ岳へ。それほど、雪がなかったこともあり、赤岳山荘まで車で上がる。

IMGP2394

準備中。

IMGP2402

赤岳山荘まで車で上がったので、歩く距離がずいぶんと短くなり、気が楽。ガスがかかっていて、八ヶ岳は望めなかった。

IMGP1858

12時、赤岳鉱泉に到着。ペツルの最新器具を自由に使わしてもらえたようで、それでアイスを登っている人も多かった。おしるこもただで振舞われていた。

IMGP1859

テントを張った後、取り付きまでのルートの確認に行く。トレースが残っていたので、明日、間違えることはないと確信し、テントに戻る。石尊稜を見ると、下部岸壁を登っているのパーティーがあった。

IMGP1862

石尊稜の取り付きまでのルートは、中山乗越への登りの手前にある橋を越えたところから始まる。

IMGP1863

P1222877

IMGP1864

テントに戻り、酒を飲みながら、延々とおしゃべり。17時から夕食のキムチ鍋をつくりはじめる。キムチ鍋にチータラを入れたらコクが出て結構うまかった。

IMGP1865

朝、4時半に起きて、昨日のキムチ鍋にうどんを突っ込んで食べる。出発は6時15分。まだ、外は真っ暗。星は見えず、天気はそれほど良いとは思えない。

IMGP1867

少しずつ明るくなってきたが、ガスで山頂を望むことは全くできない。

IMGP1868

先発パーティーがいてくれたので、ラッセルする必要もなく、踏み跡をたどって歩くだけ。

IMGP2412

先行パーティーが、下部岸壁の20m程下でザイルを付けていたので、私たちもここで準備。下部岸壁直下にはそれほどのスペースがないため、ここで準備したほうがいい。7時45分。ここまで1時間半ほど。

IMGP1869

ここからザイルをつけて歩き出す。

P1232884

今回は、3人だったため、一人が二人を引き上げる形に。

先行パーティーが下部岸壁を登るまで寒い中、待つ。風も強くかなり寒い。

草付き混じりの岩場を直登し左上に抜ける。

IMGP2415

これで下部岸壁は終了。

IMGP1871

ここからは、雪稜が続くので、コンテで行く。

IMGP1872

 

IMGP1873

雪稜を登っていると、途中からガスが晴れだしてきた。

IMGP1875

大同心方面もはっきりと見えるようになってきた。

P1232886

IMGP1877

大同心方面もはっきりと見えるようになってきた。

IMGP2419

上部岸壁の手前で、先行していた二人パーティーを抜く。

IMGP1878

10時、上部岸壁の取り付きに到着。

上部岸壁は凹角から若干カブリ気味の岩を乗っ越す。そして、ピナクルでビレー。

IMGP1879

2ピッチ目は、凍った斜面を登る。支点がなかったが、慎重に登れば特に問題はない。

IMGP1880

眺めのよい上部岸壁の上から下を見てみると、後続パーティ発見。ゆっくりテント場を出てきたのか。

IMGP1881

頂上直下からはコンテで登る。空は晴れ、赤岳もはっきり見えるようになっていた。

IMGP1883

11時半、登山道に出る。

P1232892

赤岳をバックに。風の当たらないところで、昼食を取る。

12時、下山開始。

IMGP1886

左奥に富士山もみえてきた。

IMGP1887

地蔵尾根から尾根を下る。新雪でふかふかした斜面。

IMGP1888

12時45分、行者小屋に到着。

IMGP1889

昨日、少し降ったせいなのか雪で白化粧している。

IMGP1891

13時、テント場到着。天気が良くて最高。1時間ほど、テントの前に、銀マットを出して、アイスキャンディーを眺めながら、お茶を飲んだり、朝の残りを食べたりしていた。

IMGP1892

14時に撤収準備をはじめ、14時45分、駐車場へ向けて出発。もう、ほとんどの人は赤岳鉱泉からは撤収していた。2、3張りのテントがあるのみ。

帰りは、こぶちさわ道の駅にある温泉に入った後、隣のレストランで食事をして帰京。

カテゴリー: 南八ヶ岳 タグ: パーマリンク