南佐久 湯川


前日の夜発で、湯川渓谷にアイスクライミングに行って来た。平日ということもあって、私たちの他にいたパーティーは1組だけ。寒かったけど、湯川の氷壁を貸し切り状態で登れて、思う存分楽しめた。

メンバー:5名

IMGP1637

駐車スペースに到着したのは夜中の1時頃。気温は-8℃。テントを張り、ウイスキーのホットティー割りで軽く乾杯し、体を温めてから就寝した。朝はのんびりと8時出発。橋を越えれば、目の前に氷壁が拡がっていた。右側が『ミクロトワンソン』。

IMGP1640

まずは『ミクロトワンソン』を登った。氷の状態は硬すぎず、柔らかすぎず丁度よかったので、比較的楽に登れた。

IMGP1642

IMGP1649

IMGP1656

IMGP1657

IMGP1661

次は隣の氷柱に取り付いた。こちらはそこそこ硬いが、その分、苦労。2本目にして、もうクタクタだった。

IMGP1663

IMGP2447

2本終了したところで、休憩。もうお昼の時間だった。楽しいことはあっという間に時間が流れていく。

IMGP2426

奥にある氷壁の状態を視察のため、移動。

IMGP2450

奥にある氷壁
カーテン状の氷『乱菊エリア』。

IMGP1668

氷を叩いて、状況を調べてみた。すぐに大きなツララがはずれてしまい、危険だったため、ここは断念した。

IMGP1670

IMGP1672

カーテン状の氷はきれいだった。横たわっていた大きなツララを椅子代わりにして、記念撮影。

IMGP1675

白髪エリア
続いて白髪エリアに移動。他のパーティーを発見。(写真右側)

IMGP1674

対岸の氷の状況をチェックしたが、時間も迫っていたので、再び移動。

IMGP1677

最後は駐車スペースのすぐ下にある氷壁で各自それぞれの課題を練習した。写真はリードの練習中。

帰りは八峰の湯で露天風呂に入り、帰京。新宿に着いたのは20時半。そのまま例会に参加し、他のいつものメンバーと合流。楽しい一日だった。

カテゴリー: 中央アルプス タグ: パーマリンク