湯川 アイスクライミング


風もなく、太陽もポカポカ、氷もしっかりといったベストなコンディ今ションでシーズン初のアイスクライミングの一日でした。メンバー:7名

P2044997

金曜日出発、夜中について、テントを立てる間の数分で手がかじかむぐらい寒い。これぐらいの温度であればまず氷の質の心配ないでしょう。しかし風が強い…ビレー大変だな…

P2040057

…と思ったら、次の日は風もおさまって太陽も遠慮なく照っている。その下で作業人はタバコを銜えながらクオークを軽く研ぐ。

DSC03092

なんだかツアコン見たい。皆いますかー、大丈夫ですね。あ、リーダーがいない…

DSC03100

さすがアイスのホットスポット。朝からみんなも場所を確保している。リアルにすだれ状態。やっぱり南向きは人気ありますね。

P2040080

北向きだとこんな感じ。北ヨーロッパの舞台にでもなれそう。雪の妖精、出てこないかな。

DSC03094

そして今日はまずこちらにルートを作ることにする。川の向こう側なので、渡る時は慎重に。

DSC03102

一年ほど眠っていたクオークの出番がきた。初心者はリーダーからアイスの基本を教えてもらう。その間に経験者達はせっせと準備をしている。

DSC03107

女性はうまくクオークを刺すのが難しいから、と言ってた本人がちょくちょくと確実に凍った滝を登り始める…

P2040095

そして下の方でみんなが暖かい日にあたりながら面白おかしく見守っているのが…

DSC03112

この初心者のひと。トップロープってなんて幸せなんだろう、と思いながら、さっきのミニ講習で学んだポイントを実現するがやはり難しい…あ、パンプしてきた…

P2040063

でもこれだけ天気もよければ見学だけでも楽しめるかも。UVカット忘れないように。

P2040103

と呑気なことを言ってる間にどんどん上っているKさん。

P2040120

日が隠れたらこんな感じ。

P2040106

先ほどのタバコを銜えた作業人が、作業人らしくロープの追加をセットしてくれる。だけど橋の歩くところが網で、アイゼンが穴に入って引っかかる。したを見ないといけない。ちょっとドキドキ。

P2045020

今日の課題は他の所よりカチカチに堅く凍ったこのあたりの直登。問題は足場。さて、どうする?!
答え:フィギュア4

P2040124

他のパーティーが何を登っているのかを覗いててみたら…

P2040083

リーダーも挑戦。

DSC03118

突然のスノーシャワー

DSC03116

今日はこんなとこかな。

DSC03129

日が暮れたらちょっと寒くなってきた。

DSC03124

Sさんも挑戦

P2045038

そして今回の閉めのギャグは川にポッチャン。Kさん、すみませんでした。

カテゴリー: 中央アルプス タグ: パーマリンク