大源太川・北沢本谷


久しぶりの沢登り。選んだ沢は、直接大源太山頂に突き上げる北沢本谷。夜行日帰りの小粒な沢ではあるが、我々は、沢を十分楽しむために途中で一泊。残暑厳しい中の気持ちのいい山行であった。
メンバー:4名

入渓地点へ
金曜日の23時くらいに東京を出発。高速道路を飛ばし、越後湯沢ICで降りる。そこから、大源太へと続く林道の終点まで移動。テントを張って仮眠。

IMGP0048

朝ゆったりと起きて、8時半出発。沢登りのパーティは我々だけ。

IMGP0050

遡行開始地点到着

駐車場から30分ほどで、入渓点に到着。駐車場からフル装備で来ていたので、少し休憩した後、沢へ。

IMGP0052

最初の一歩は、いつものことながら冷たい。。。

IMGP0057

が、すぐに水の冷たさになれ、連続する滝を楽しむ。

IMGP0058

大岩手前のナメ滝

大岩の手前の沢。明るくて気持いのいい場所のでここで一休み。まだ、入渓してから30分ほど。

IMGP0061

 

P9010017

時間はたっぷりとあるので、積極的に沢に入って遊ぶ。

IMGP0064

 

IMGP0069

 

IMGP0072

適度に休憩。

IMGP0076

 

IMGP0077

三俣
12時20分、三俣到着。タープを張るにはいい場所かとは思ったが、まだこの先長いので、もう少し進むことに。

IMGP0078

正面に見晴台ノ沢、右手に七ツ小屋沢のある三俣。本流の左俣(20m大滝)を登る。

IMGP0079

 

IMGP0080

大滝は下部を登った後は、右側の草付きを進む。大滝の上にある3段12m滝はいつの間にか、越えていたよう。

IMGP0081

20mの大滝を登ったところから振り返った七ツ小屋沢。雨が降っていないせいか、水量が少ない。
大滝のあとにあったチムニー滝も巻く。がんばれば登れないこともないと思ったが、水量が少ないし、苔むしていたのでパス。
テント場到着
ナメ滝のエリアを越え、右手にスラブが見える地帯を過ぎた辺りに、少々狭いが、タープを張れる場所を見つけたので、ここを今日の宿とする。14時半。

IMGP0084

石を集めて整地をし、マットをひいて、上にはタープを張る。

IMGP0085

沢では、ビールなどの酒類やメロンを冷やす。伏流水なのか、水は随分冷たかった。

IMGP0092

夕食は、シチューと、あとは適当に。白米なども持って行っていたが、手を付けなかった。

IMGP0094

焚き火の準備もしたのだが、タープの下のほうが快適で、この場所からほとんど動かなかった。
日が暮れる瞬間に一瞬、雨が降ったが、それ以外は快晴。虫もおらず、朝まで快適に過ごせた。

二日目

IMGP0096

7時半出発。テント場から上には、ほとんど水がなかった。

IMGP0099

スラブ状の涸れ沢が続く。

P9020035

ヤスケ尾根に逃げることもなく、ひたすら大源太山頂を目指す。

P9020040

一応、念のため、後半のスラブはザイルを何度か出す。

P9020041

 

IMGP0102

スラブが終わると、あとは藪こぎ。笹をかき分け斜面を登る。

IMGP0103

登ってきた道を振り返る。

IMGP0104

急斜面の藪こぎ。草をかき分けながら強引に突破。

IMGP0106

11時、山頂直下の登山道に出る。

IMGP0108

大源太山頂

山頂で一休み。谷川岳は雲がかかって望めなかったが、旭岳などはよく見えた。
2時間ちょっとで来れる山頂のせいか、10人ほどの登山客で混雑。

IMGP0110

越後湯沢方面。

IMGP0111

山開始

山頂から入渓地点までは、1時間10分ほどのコースタイムだったので楽に戻れるかと思ったが、急勾配であることと日差しに強さには参った。

IMGP0112

入渓地点まで戻る

入渓地点で、恒例のソーメン。焼き豚も余っていたので、角切りにして炒め、ソーメンと一緒に食す。
この場所で、ぐーたらしていたら、雨が降り出してきたので、急いで荷物をまとめ駐車場へ。駐車場に着いたのは15時半。30分の移動の間に、雨は上がっていた。
汗でぐちょぐちょになった服を着替え、東京へ。渋滞はそれほどひどくなく順調に戻れた。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク