甲斐駒ケ岳赤石沢Aフランケ 赤蜘蛛ルート


今回、夏場の目標であった甲斐駒ケ岳赤石沢Aフランケ 赤蜘蛛ルートに。
登攀日2日目は天気も良く気持ちよく登ることができました。
メンバー:2名

一日目

P9150131

土曜日6:00頃東京出発したものの大渋滞に巻き込まれ駒ヶ岳神社駐車場に着いたのが10:30頃。予定よりかなり遅れてしまったが仕方がない…
今回は黒戸尾根からのアプローチなのでぼちぼち歩いて行く。

DSC04749

P9150135

€駐車場から歩くとすぐに神社がある。

P9150137

5人限定の橋。

DSC04751

かなり透明度の高い川が流れている。

P9150141

この辺りから登り7時間(8合目まで)の工程の登りの始まりです。

DSC04756

道はしっかりしていて林の中の景色が綺麗。

P9150145

急登と聞いていたがそれほどでない。が、登攀道具満載なのでかなり荷物が重く感じる。

DSC04761

刃渡りの箇所。

P9150149

特に危なくなく通過する。

DSC04767

DSC04768

だらだら登りでちょっと疲れています…

P9150156

祠が各所にあり信仰の山であることを知らされる。

DSC04771

DSC04773

ながーい梯子。
荷物が重いので足にきます。

P9150166

鎖が設置されている箇所も随時出てくる。
休み休み歩き17:00頃7丈小屋に到着。
もともと8合目まで行く予定でしたが結構疲れたし水を運ぶのも億劫なので7丈小屋でキャンプすることに。

DSC04781

7丈小屋天場は御覧の通りいっぱいでした。
7丈の天場は小屋から少し離れている。我々は小屋に近い脇道にテントを張りました。

DSC04783

綺麗な雲海が広がる。

二日目

P9160169

5:00出発!
すぐ横が登山道です。

DSC04791

綺麗に晴れています。御来光~。

DSC04797

P9160177

綺麗に晴れているが今日の天気予報だと昼から少し雨が降る様だ。

DSC04803

P9160185

7丈から45分ほどで8合目到着。

P9160187

上の写真の八合目から200mほど進み左の谷側に進むと八合の岩小屋がある。

P9160188

そこからどんどん下る。
赤布目印に降りていくが結構道が悪い。
滑って怪我しないように慎重に降りていく。

DSC04812

赤布がなければ迷いそう・・・

P9160193

DSC04814

途中、岩小屋が所々ある。

P9160203

結構急です。

P9160206

かなり下った後(1時間後)、目の前に岩の殿堂如く出現。
ここもルートがあるようです「Aフランケ同志会右フェース 5P Ⅳ級A2」

P9160208

P9160210

取り付きまだかな~と思っていると赤石沢ダイヤモンドAフランケが真正面に。

DSC04824

先行パーティ(2パーティ4人)
赤蜘蛛ルート 10P(稜線まで、Ⅴ級A1)

P9160218

1P目:Ⅳ級A1 20mほど
過去の記録では出だしの岩が落ちそうで2ピン目までが遠いとの事だったが、その岩は完全に落ち下部に新しいボルトが打たれている。
元々岩があった場所にハーケンの痕がはっきり残っている。

P9160217

赤蜘蛛ルートの右側に白稜会ルートあるが3ピン目のボルトが飛んでいる。再登するにはボルト打つ必要がありそうだ。

DSC04828

登攀形態は基本ツルベにて。
1P目はSがリード。

P9160221

ビレイヤーをみる。

P9160227

後続のパーティーはフリーで登るとの事。
ルートグレードは後半のクラックを1ピッチ(70m)で登ると5.11d。

この1P目は5.11a/b

P9160236

最後が少しいやらしい。

DSC04834

1P目終了点

P9160237

2P目:Ⅴ級 Kリード
先行が詰まっているので短くピッチを切る。

P9160239

DSC04843

DSC04846

3P目:Ⅳ級A1 Sリード
下部はフリーでも問題ないと思います。
途中、左にトラバースしてからが核心。
今日はいまいち調子でないのでアブミにて越える。

DSC04848

P9160245

P9160251

この辺りが左へのトラバース部分。

P9160254

4P目:Ⅳ級A1 Kリード
ハングしているがそれほど難しくはない。

P9160259

DSC04858

4P目登攀中に今回の核心6,7P目が見える。

P9160262

こんな感じで。
このピッチが終わるとテラスがありしばし休憩。

P9160268

5P目:Ⅳ級A1 Kリード
先行パーティーも行ったので我々も続く。 凹角からスタートで写真の所でアブミを使う。
わりと短いピッチ。

DSC04867

P9160273

かなりの大渋滞。
ここでかなり待たされる。2時間位?

DSC04879

6P目:Ⅴ級?A1 Sリード
先行がやっと抜けて出発。40m位のピッチ。ほぼアブミ上段に立つ。
所々ピン間隔があいているのでカムをきめそこにアブミ掛け登る。カムサイズキャメ1、0.5、0.4ぐらいの三つ使用。

DSC04888

DSC04887

終了点はハンギングビレイ。
ただ、終了点すべてリングボルト(三本)なので精神的に落ちつかない。
このビレイ点の2~3mほど下にもハーケンの終了点があるのでそちらの方がいいかも。

P9160281

こう見ると結構離れている様に感じる。(6P終了点より)

P9160286

クラックも有効に使い登ります。

P9160284

スーパークラック上部 5.11a/b(下部は5.11b/c繋げて5.11d)

DSC04889

ハンギングビレイ
長時間この態勢だと腰が疲れます。

P9160289

7P目:Ⅳ級A1 Kリード
恐竜カンテを越える。高度感が結構あるがピン間隔が適切なので楽。

DSC04891

DSC04893

上部枯れ木が意外と邪魔です・・・

DSC04905

写真だとやっぱり傾斜がないように見えるな…

DSC04908

8P目:Ⅳ級A1 Sリード

DSC04910

DSC04912

P9160296

最後までアブミを使います。

P9160303

岩稜帯が終わればⅡ~Ⅲ級の登りを2ピッチほど。

P9160301

Aフランケの頭の岩小屋に着きます。

DSC04918

後は下山した道を八合目まで登り返し、8合目の岩小屋へ。

DSC04923

DSC04925

綺麗な雲海が広がります。
7丈小屋の天場に着いたのが19:00位。
14時間くらいの行動となりました。

P9160313

夕食はチジミを作るもひっついて失敗。

三日目

DSC04931

飲んだ缶ビールはこの様な道具でペッタンコにします。

DSC04932

P9170317

P9170320

P9170321

P9170322

とにかくカエルが多い。しかもそこそこでかい。

DSC04941

カモシカもいます。

DSC04943

久々の歩きお疲れ様でした。
もう少し歩く山行多くしなければと思った次第です。

カテゴリー: 甲斐駒ヶ岳 タグ: , パーマリンク