宝剣岳 中央稜 (6月14日~15日)


冬季登攀の偵察のため、宝剣岳中央稜へ。
初日はガスって全然見えず。2日目は山頂からの懸垂でロープが岩角に挟まったりと、取り付きに行くまでがなかなか大変…。 ただ、天気は快晴!ということで、気持ちのいい登攀が出来ました。
メンバー 4名
# 提案したTさんが行けず…。また行きましょう!

1日目
DSCN0967
新人2人を含む、4名で。

DSCN0969
宝剣岳はガスの中…。

DSCN0970

DSCN0977
宝剣山荘の前で幕営。

DSCN0978
テントの中で会話が弾む。

DSCN0979
酔い潰れてます(笑)

2日目
DSCN0986
伊那前岳の朝焼け。

DSCN0987
本日は快晴なり。

DSCN0988
こちらの4名で登攀。

DSCN0989
中央稜は山頂から懸垂とあったので、とりあえず宝剣岳山頂へ。

DSCN0992
山頂にある祠の前のピナクルで懸垂。向かって右には中央ルンゼの懸垂点と思われる残置スリングあり。

DSCN0997
空木岳方面。

DSCN1001
ロープが挟まったので、登り返して外すことに。このテラスは中央稜3P目終了点。

DSCN1003

DSCN1005
Climb on!
# 50mダブルの懸垂2回&50mシングルの懸垂1回?で取り付きと思しき場所に。今思うと1P目の途中だったかも。
# 予備にロープ1本持っていったほうが無難。

DSCN1011
中央稜の核心?オケラクラック!
支点はキャメロット #2、#3 1つずつで足りるかと。実際、自分は #2 と #3 で支点をとったけど、ほとんど落ちる気配はしなかった。

DSCN1012
気持ちいい!

DSCN1015
フォローで登ってくる新人君。入会して半年経つので、そろそろ新人じゃないかも(笑)

DSCN1019
中央稜を登り切ったところで記念に。

DSCN1021
宝剣岳山頂にて。

DSCN1022
宝剣山荘でW杯 日本vsコートジボワールを観戦(笑)

DSCN1023
そそくさと下山。新人さん、初の12本爪アイゼン&雪山に四苦八苦。

DSCN1025
中央稜全景。

DSCN1026
写真上部のクラックがオケラクラックです。

DSCN1027
駅前の水車にてソースカツ丼を。

やっぱりアルパインは楽しいですね。冬季に登りたくなる1本でした。

カテゴリー: 中央アルプス タグ: パーマリンク