豆焼沢(8月23日~24日)


奥秩父の雁坂嶺に突き上げる豆焼沢に行ってきました。
天気予報は曇り一時雨でしたが遡行中は一度も降られずに、迫力ある滝や焚き火を満喫しました。

メンバー4人

8/23

resize1353
出会いの丘から柵を超えてワサビ沢を少し下って入渓地点に入ります。駐車場から10分程度なのでアプローチは楽です。

resize1356
最初は広い河原歩きから始まります。

resize1358
しばらく歩くと沢が細くなり流れも急になってきました。倒木もかなりありました。

resize1503
前半の6m滝の巻き道を上がりすぎて、懸垂でゴルジュの中にもどりました。

resize1499
小滝がけっこうあり綺麗です。

resize1388
流れの強い渡渉も数箇所。写真は有りませんが、トオの滝の上り口の渡渉は流れが速く、かつ足場が悪かったので流されそうになるハプニングも。

resize1402
トオの滝の手前には泳げる釜も何箇所かありました。

resize1405
滝の落ち口まで来ると立てます。

resize1416
トオの滝(5m×2段)です。

resize1426
2段8m滝。左岸からトラバースして登ります。 ちょっと悪そうな上、ミスると8m落ちるのでロープを出して登りました。

resize1428
2段8m滝の上のビバーク適地にてキャンプ。標高は約1400m程度だったと思います。

resize1431
かんぱーい

resize1531
つまみの枝豆

resize1537
もつ焼き

resize1535
焚き火。湿った木は火の回りにくべて、乾かします。

resize1543
夜も更けてきたのでそろそろ寝ますか。

8/24

resize1544
翌朝の朝食は素麺

resize1546
しばらく歩くと大滝(4段50m)があります。

resize1447
大滝の前で一枚。大滝は遡行すると4級+らしいですが、この日は素直に巻きました。

resize1550
大滝から少し上がると、沢の中に鹿の骨がちらほら。。。

resize1451
沢に落ちて怪我して死んでしまったのでしょうか。

resize1456
まだまだ遡行は続きます。

resize1556
両門の滝に到着。綺麗に二股に分かれており、よい滝です。我々は右側のスダレ上の滝を遡行しました。

resize1465
両門の滝にて一枚。

resize1469
スダレ上の滝です。手も足も豊富に有り快適です。ただ、ミスるとスリおろされます。

resize1480
最後のミニゴルジュです。

resize1486
遡行が完了し、登山道で荷物整理中。ここから4時間のながーい下山が始まります。

resize1492
遡行地点の豆焼橋から眺める豆焼沢。黄色い橋は雁坂大橋。本日もお疲れ様でした。

カテゴリー: 奥秩父 タグ: パーマリンク