越沢バットレス(2016年05月29日)


メンバー:KGさん、TDさん、TRさん、新人NR 計4名

 翌週に予定されている一ノ倉沢南稜の練習にと、奥多摩の越沢バットレスへ。

外岩経験ほぼ0の新人Nにとっては人生初のマルチピッチ体験となりました。

 

アプローチは鳩ノ巣駅から林道歩き。

s-1

 

約40分でゲレンデ手前の展望台へ到着。すでに何パーティか登っているのを確認。まさしく壁です。

s-2

 

そこから約10分下ると東屋に到着です。ギア類を準備して取りつきへ、まずは定番かつ入門ルートの「右ルート(3ピッチ・IV+)から登ります。

s-3

 

1ピッチ目は天狗の肩まで。ホールドが豊富で全員難なくクリアです。左側の鋸ルートを登るパーティを待つため終了点でしばし休憩。

s-4

 

2ピッチ目は高度感のあるテラスまで直登する感じです。登ってみると、持ちやすいホールドが少なく、緊張のクライミングとなりました。支点はカムと残置ハーケン、中には6mmのスリングがぎりぎり通るくらいで腐りかけものもありました。

s-5

 

 2ピッチ目終了点にて。

s-6

 

 

3ピッチ目は左上に回り込んでからこのルート核心である右の滑り台を登るルートです。

s-7

 

名前のとおりツルッツルの滑り台でしたが、なんとかホールドを探し出して登ります。

終了点から少し上に懸垂点があります。絶望的な光景に怯える新人N。

s-8

 

 

s-9

 

予定よりも時間がかかってしまったため、予定していた第2スラブはあきらめ、懸垂で降りてきたところの左側にあったルート(おそらくV-)で練習することに。下から見ると若干かぶっているような気が、、、。

s-10

 

難なく登るKGさん。流石です。オーバーハングは右から登る。

s-11

 

核心のオーバーハングに手こずるTRさん。

 s-12

 

登ってみるとやはり核心のオーバーハングを越えが難しい、力不足を痛感しました。

s-13

 

1ピッチで終了とし、懸垂したのち東屋まで移動。今日はここまで、天気も良く、怪我もなく快適で素晴らしい練習となりました。

s-14

 

下山後の反省会は鳩ノ巣駅前のお店で。肉じゃがが美味でした。

s-15

 

カテゴリー: フリークライミング, 越沢バットレス タグ: パーマリンク