涸沢岳西尾根(2018-05-04~06)


メンバー ED、KI、TD計3名

s-見出し

 

当初GWは小窓尾根を計画。近づくにつれ天候不順になり、急遽涸沢岳西尾根に変更。

5/3の夕方出発、新穂高駐車場で仮眠。5/4に2400mテンバ適地まで登り、5/5涸沢岳ピストン、5/6下山と一般的な計画で出発。

天気予報は、5/3日雨のち曇り、5/4日雨のち晴れ、5/5晴れ。

21;00 新穂高岳駐車場に到着。馬場島から立ち寄ってくれた会長、事務局長と軽く一杯やってから就寝。

s-DSC08439

 

5;00 起床。7;00小雨になるのを待ってから出発。

s-DSC08444

 

8;30 穂高平小屋に到着。雪がない。

s-DSC08447

 

10;00 白出し沢出会い 雪がやっと付き始めました。

s-DSC08457

 

11;10 やぶを漕き漕き登ってゆく。このあたりから雨が雪に変わる。

s-IMG_5690

 

13;30 藪を抜け、樹林帯に雪がしっかりつき始めこの後アイゼン付ける。

s-DSC08475

 

15;10 2400mテン場適地に到着も雪が少なくもうひと踏ん張りしてテン場を探す。

s-DSC08483

 

16;40 テント設営完了。

s-DSC08487

 

19;00 初日はKIさんのハンバーグカレー。おいしかったです。疲れ果て20;00就寝。

s-DSC08496

 

5;00 起床。昨夜積もった雪 15cm位?。空は予報通り曇り。気温はそれほどでもない。

s-IMG_5696

 

6;30 蒲田富士目指して出発。

s-DSC08504

 

7;30 ぐんぐん登っていきます。

s-DSC08512

 

8;10 蒲田富士を見上げる。

s-DSC08520

 

8;30 急登FIXロープあり。少し晴れ間が。

s-IMG_5719

 

リーダー、KIさん

s-DSC08535

 

9;00 蒲田富士に到着。天気が回復傾向。小休止。

s-DSC08541

 

9;40 プラトーからF沢のコルを見下ろす。問題なく下れそうなので要所クライムダウンで下る。

s-DSC08552

 

涸沢岳、大迫力。

s-DSC08553

 

10;00 7ルンゼ?の登り。雪少なく岩稜帯を登っていく。

s-DSC08559

 

10;30 涸沢岳までまだまだです。

s-DSC08572

 

11;00 大分高度も稼いで、後に中崎尾根。

s-DSC08574

 

後に蒲田富士。ひたすら岩稜帯。

s-IMG_5748

 

11;30 急に天候が悪くなってくる

s-DSC08586

 

12;00 風も強くなってきて、気温も下がり始める。

s-DSC08587

 

12;15 強風の中、涸沢岳登頂、真っ白。

s-DSC08588

s-DSC08591

s-DSC08593

 

白だしのコル、真っ白。

s-DSC08594

 

12;30 すぐに下山開始。

s-DSC08596

 

12;50 足を止めてみると、、、。

s-IMG_5754

 

槍が見えた。

s-DSC08601

 

14;30 やっとプラトーに戻ってきました、天気も回復。

s-IMG_5757

 

15;00 蒲田富士で大休憩、涸沢岳登りから休憩なしで歩き続けてヘロヘロ。

s-DSC08614

 

振り返ると涸沢岳。

s-IMG_5766

 

15;30 蒲田富士からの下り、慎重に下ります。

s-DSC08617

 

16;30 テントに到着。今晩は恒例の雑煮。事務局長いつもありがとうございます。

    この日も20;00就寝。

s-DSC08620

 

3;00 起床。5;00 出発。帰りの渋滞を気にして早めに起床。

s-DSC08628

 

6;10 ぐんぐん高度下げていきます。

s-IMG_5773

 

9;15 白出沢出会い気温も上がって、夏山みたいです。

s-DSC08641

 

13;20 道の駅『風穴の里』で山賊焼きで〆。

s-DSC08645

 

天候不順により急遽変更した涸沢岳西尾根でしたが、山頂以外は概ね快適な山行になりました。ロープは一度も出さず、急登個所はFIXロープが張られており危険を感じることなく山頂踏めました。冬期の下見としては雪が少なかったかも?小窓尾根はまた来年に持ち越しとなりましたが、リーダーEDさん、KIさん共に満足のいく山行だったのではと思います。心地よい筋肉痛とともにまた日々の生活に戻ります。お疲れ様でした!!

カテゴリー: 北アルプス タグ: , , パーマリンク